DMPとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

DMP(Data Management Platform)とは、ECサイトを訪れた様々な顧客のデータを、インターネット上のサーバーに蓄積された各種オーディエンスデータなど外部ビッグデータを集約して分析し、広告配信や顧客とのコミュニケーションの最適化を実現するためのプラットフォームのことです。DMPは従来、社内の部署ごとに行われていた作業やデータを一元化し、より強力なマーケティング戦略に活用できるデータを構築し、アウトプットすることを目的として作れられたツールです。

DMPを導入によってパーソナル情報を充実させてユーザーが求めている広告を配信し、より精度の高い広告枠を購入することが可能になり、費用対効果が期待できます。DMPに集約されたデータを分析することで、サイトページへの興味の度合いや改善すべき課題が可視化され、ECサイトの改善に有効な手段となります。DMP導入には初期費用やランニングコストなどがかかります。一元化されたデータを利用価値の高いマーケティングツールとして使用するためには、社内におけるDMP導入の目的と活用法の明確化が重要な鍵となります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事