CPAとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

Cost Per ActionまたはCost Per Aquisitionの略で、1コンバージョンあたりの広告費について示す指標のことを言います。もし、自社サイトへの誘導をコンバージョンと設定しているのだとすれば、そのためにかかった広告費がいくらか、ということを数値として見ます。ですから、算出方法は、「広告費÷コンバージョン数(サイト来訪数)」です。もし、50万円の広告費をかけて、5,000件の来訪(コンバージョン)を得たならば「500,000÷5,000=100」で、CPAは100円となります。

CPAが安い方が効率は良く、CPAが下がればその分利益を多く得られるということです。しかし、ECサイトなどの運営においてCPAを下げることに意識を傾けすぎるのは、必ずしも良いこととは言えません。特に、ただ広告費を抑えることでCPAを下げようとするのは考えものです。結局はコンバージョンが下がるだけとうい結果を招くこともあるでしょう。サイトの広告運用を考える際には、広告投下金額だけではなく、広告掲出場所やタイミング、自社サイトの構造見直しなど、総合的な判断が必要となります。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事