CMSとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

CMSとは、Contents Management Systemの頭文字をとったものであり、知識や経験がなくても簡単にホームページを作成・運営できるシステムのことです。ホームページの運営にはHTMLやCSSなどWebの専門知識が必要でしたが、CMSを用いることで基本的なパソコン操作ができれば、文章の入力や画像のアップロードにより初心者でも短時間でホームページ作成や更新ができるようになります。作業が簡略化されるためにスピーディーな情報発信ができるようになり、頻繁なページ更新も可能となるのが大きなメリットです。テンプレートを利用してページを作成するので、複数人で運営している場合ではデザインやタグの統一にも役立ちます。

CMSには用途に合わせた様々な種類のものが存在します。中には決済サービスや受注管理システムなど機能が搭載されているECサイトの構築に特化したCMSもあります。これらの機能の実装にはプログラミングの知識が求められますが、CMSを利用することによりECサイトの運営に必要な機能が揃ったホームページが短時間で構築可能です。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事