ビッグデータとは

 2019.08.09  株式会社システムインテグレータ

ビッグデータとは、ネット社会の躍進に伴うインターネットの普及やデジタルデータ生成能力の拡大などによって実現した大量のデジタルデータを指しています。パソコンやタブレット、スマホなどのデバイスが使える環境があれば、誰でも容易に多くのデータを入手することができるのも、デジタル化の流れを加速化している主な理由といえるでしょう。ビッグデータの活用により、売上高アップや収益拡大に成功するECサイトも少なくありません。

ビッグデータは文字による情報だけで収集されるものではなく、画像や動画の閲覧、ブログの更新などを目的としたアクセス情報も蓄積されていきます。ECサイトも含めて、ネット上での商品やサービスの購入時における情報も履歴として残ることになり、ビッグデータの一つとして活用されます。ビッグデータの普及により、サービス提供事業者にとっては、見込み客などへのタイムリーなアプローチが可能。無駄な経費や手間暇がカットできるのがメリットです。

新規CTA