オークションとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

オークションは出品された商品に複数の入札者が値段を付けていき、一番高い価格を提示した人が落札する売買方法です。インターネットのサイトで行われるオークションはネットオークションと呼び、CtoC-ECとして市場が確立されています。
ネットオークションは、登録者なら自由に出品や入札ができ、手軽にオークションを行えるのが魅力です。
スマホの普及によってネットオークションの市場は拡大し、経済産業省が発表している資料では2017年の同市場規模は1兆1,200億円にのぼるというデータもあります。

オークションサイトを運営することは古物競りあっせん業に分類されます。古物競りあっせん業を始めるために、事前の許可や届け出は必要ありません。しかし、事業開始から2週間以内に、営業本拠地の所在地を管轄する警察署防犯係に届け出る必要があります。
事前に届出が必要ないのに後から届け出なければいけない理由は、サイトの内容を確認する必要があるためです。サイトが開設されていないのに、内容を確認することはできないので、後から届け出るという方式がとられているのです。

新規CTA