アジャイルとは

 2019.08.08  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

ソフトウェア開発の名称で、柔軟なシステム開発により迅速なシステム提供を行うことを目指しています。アジャイル開発と呼ばれることが多いです。アジャイルという単語は「素早い」「機敏な」といった意味が含まれています。ソフトウェア開発において重要な、低コスト化、短縮化などを実現するために提唱されました。途中経過で発生した成果を顧客に報告・提供することで、計画の変更や開発の確認を迅速に行うことができます。また、開発チーム内のコミュニケーションや連携を重要視している手法でもあります。

EC事業者にとって、迅速なシステム開発は欠かせないものです。アジャイル開発を導入すれば、文字通り素早いシステム提供が可能になります。ECサイトによる決済方法など、高度なシステムが必要になってくる場面でアジャイル開発は活躍します。アメリカでは2001年に「アジャイルソフトウェア開発宣言」という文書がまとめられ、その後「アジャイル・アライアンス」と呼ばれる本格的な組織が結成されました。

新規CTA