ABMとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

新規CTA

ABMはアカウントベースドマーケティングの頭文字をとった用語です。特定の顧客企業をターゲットとした組織的かつ効果的なアプローチを意味します。BtoBのマーケティングにおいて、優良顧客を獲得するために重要となる概念です。特定の顧客に絞って組織的に営業できるため、ROI(投資利益率)が改善できます。顧客に接触する際のキャッチコピーも、獲得したい顧客に合わせられるのです。マーケティングが営業と一体となり組織的にアプローチするため、顧客情報を共有できます。

ECサイトを運営するにあたっては、収益力のある優良顧客の存在が重要になります。売上の8割は上位2割の顧客によって生み出されるパレートの法則は、ECサイトにも当てはまるのです。具体的な優良顧客の探し方は、サイトにアクセスした際のIPアドレスを調べるのが代表的な方法になります。アクセス頻度が高く、直帰率の低いユーザーを探すと、優良顧客に当たる可能性が高いのです。ABMはECサイトの収益で軸となる顧客探しを、効率よく見つけるために活用できます。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事