ONEtoONE(1to1)マーケティングとは

 2019.08.05  株式会社システムインテグレータ

ONEtoONEマーケティングは、顧客一人一人に合わせたマーケティングのことです。以前は大勢の顧客に対して同じ内容のメールを送るなど、同じ手法でマーケティングをしていました。しかしこの方法ではその顧客にとって関心の低い情報であっても一律で送っているため、購買につながりにくいという問題がありました。ONEtoONEマーケティングが現れてからは、顧客一人ひとりの行動や嗜好に合わせた別々のマーケティング方法をとることが可能となり、ECサイトなどの収益アップにつながっています。ONEtoONEマーケティングとは、顧客個人の情報や行動を分析し、個人に合わせた広告手法をとることです。

たとえばECサイトで買い物かごに商品を入れたまま離脱した人、サイトのお気に入りリストに商品を登録しているのにまだ買わない人は、購買意欲がとても高い人たちといえます。買い物かごに入れたまま離脱した人に対し、3日以内にその商品を買うように促すメールや広告を打つと購買につながりやすくなるでしょう。お気に入りリストに入れている人に対しては、定期的にそれらの商品を思い出すようにマーケティングをすればよいのです。このような方法だと、顧客は自分が必要とする情報だけを受け取れるのでECサイトへの好感度もアップします。

新規CTA

RELATED ARTICLE関連記事