[新バージョン18リリース開始!]
SI Object Browser for Oracle

一覧に戻る

Oracle Database向けデータベース開発支援ツール

SI Object Browser for Oracleとは?

SI Object Browser for Oracleは、Oracle社が提供するデータベース製品「Oracle Database」に対応したSI Object Browserシリーズ製品です。
最新版では、Oracle社より提供されているOracle Database 18cに対応いたしました。 Oracle Database 18cの新機能であるSQLキャンセル機能、DataPumpインポートのエラースキップオプション、スキーマ限定アカウント作成機能を実装しています。 これらの機能を、コマンドではなくSI Object Browser for Oracle上のGUIから操作可能です。
また、Oracle Database Cloud Serviceをご利用の環境でも、オンプレミス版と同様の操作感覚でのデータベース運用が可能です。
上記以外にも、オプション設定で小文字ユーザーのログインが可能となったことなど、 ユーザビリティ向上のための機能改良や拡充を行っております。

SI Object Browser for Oracleとは?

「SI Object Browser for Oracle 18」の新機能
Oracle Database 18cへの対応

最新バージョンではOracle Database 18cに対応しました。オンプレミス環境への接続はもちろん、Oracle Database Cloud Serviceの環境にも、Oracle社より推奨される接続方法に従った形式で接続環境を整えていただくことで、SI Object Browser for Oracleからの接続が可能となります。

「SI Object Browser for Oracle 18」の新機能
SQLキャンセル機能
(Oracle Database 18c新機能)

セッション情報画面にて、SQLのキャンセル(ALTER SYSTEM CANCEL SQLの発行)が可能になりました。
セッションを切断せずに高負荷のSQLを停止させることができます。
高負荷実行中SQLを止める場合、従来ではセッションごと停止させるのが常套手段でしたが、当機能により当該のSQLだけを停止させることができます。

「SI Object Browser for Oracle 18」の新機能
スキーマ限定アカウントの作成
(Oracle Database 18c新機能)

ログイン機能を伴わない、オブジェクトを所有するだけのスキーマを作成できます。
Oracle Databaseではログインユーザーとスキーマがほぼイコールであるため、オブジェクトをスキーマでまとめたい場合、ログイン機能を持ったアカウントを作成する必要がありました。
Oracle Database 18cでは、不必要なログイン機能を省いた「スキーマ限定アカウント」として作成できます。

「SI Object Browser for Oracle 18」の新機能
DATAPUMPインポートエラースキップオプション
(Oracle Database 18c新機能)

Oracle 12cまでのDataPumpインポートは、エラーオブジェクトがあった場合はそこでインポート処理が中断されてしまいました。
当オプションによってエラーをスキップして最後まで実行することができ、従来のようにすべてやり直す必要がなくなります。

「SI Object Browser for Oracle 18」の新機能
小文字ユーザーログインオプション

当オプションをONにすることにより小文字を含むユーザー名でのログインが可能となりました。
※小文字を含むユーザーでSI ObjectBrowser を操作するには「英小文字のオブジェクト名を使用可能にする」オプションを有効にする必要があります。

SI Object Browser 製品カタログ

SI Object Browser 製品カタログ

プロジェクト管理ツール「SI Object Browserシリーズ」の特徴をわかりやすくご紹介します。ソフトウェア開発サイクルの生産性を高めるSI Object Browserシリーズは、ソフトウェア開発フェーズ毎に必要となる最適なソリューションを提供しています。

ぜひこの機会にSI Object Browserをご検討ください。

ダウンロード

SI Object Browser 製品カタログ