SI Object Browserへの要望が簡単に投稿できるようになりました

 2022.06.13  株式会社システムインテグレータ

2022年6月10日リリースのSI Object Browser for Oracle 21.2.2より、製品メニューから直接ご要望を投稿できるようになりました。また、自分で投稿した要望や他のユーザーの要望がどのような対応状況となっているのかを確認することもできます。

今回は、要望の投稿や閲覧方法、利用上の注意点についてご紹介いたします。

要望を投稿する

SI Object Browser for Oracle 21.2.2を適用、起動してみましょう。
[ご要望]メニューが追加されているのがわかるかと思います。

001
- 図1. SI Object Browser 起動後 -

[ご要望]メニューを押下すると、詳細説明の記載されたダイアログが表示されます。
ここで[VOICE TICKETSに移動]ボタンを押下するとブラウザが立ち上がり、要望投稿サイトが表示されます。
002

- 図2. ダイアログ -

外部サイトを開きますので、インターネットに接続されている必要があります。


要望一覧が表示されますので、上部にある[+新規]ボタンより投稿することができます。
「こんな機能が欲しい!」「〇〇ができるなら▲▲にも対応してほしい」などみなさまの熱い思いをお寄せください!
003

- 図3. 要望一覧 -


005
- 図4. 投稿画面 -

投稿画面では、以下の項目を入力することができます。

項目 内容
タイプ 投稿の種別を選択します。※2022年6月現在、要望のみ投稿可としております。
タイトル 要望の件名を入力します。
(例:●●を▲▲する機能が欲しい)
内容 対象となる画面やどのような動作にしてほしいか等、要望の詳細を入力します。
Markdown形式での入力、スクリーンショットの貼り付けができます。
重要度 要望の重要度を選択します。
ニックネーム

あなたのニックネームを入力します。
※無記名の場合は「Anonymous」と表示されます。
※ニックネームを入力した場合は、他のユーザー様にもその名前で表示されます。


2022年6月現在、ご購入いただいた方のみ要望を投稿することが可能です。
 ライセンスをお持ちの場合でも、ライセンス登録が完了していないSI Object Browserで
 本操作を行った場合は、[+新規]ボタンが表示されず閲覧のみ可能となります。

また、他の方が投稿した要望に対してコメントを記入することができます。
ご自身にとっても有用な内容だ、と感じることがあればその旨をコメントください。
同意的な意見が多ければ、開発側でも優先度を上げて対応するなど指標となります。
是非、他の方の投稿もご一読ください。



その他、「この機能が便利で重宝しています」などのご意見も承っております。
開発チームの励みにもなりますので、差支えない範囲でご意見をいただけますと幸いです。

投稿された要望を見る

投稿した要望の状況はどうなっているのか、他のユーザーの要望はどのようなものがあるかについては、https://obo.voicetickets.cloud/voice/*よりご確認いただけます。
(先述の通り、SI Object Browserの[ご要望]メニューからもご確認いただけます)

各ステータスは、以下の状況を示します。
Nomination以降の投稿は一般公開され、それ以前の投稿は投稿者本人および運営のみが参照可能です。

ステータス名 状況
Raw Voice 投稿直後の状態です。投稿者本人にしか表示されません。
Voice 弊社担当により受理されました。投稿者本人にしか表示されません。
Nomination 開発チームにて対応候補として取り上げられました。
Planned 次回対応候補として計画を立てています。
In Progress 次回リリースに向けて対応を行っています。
Completed 対応完了、リリース済みです。

 

新規CTA
新規CTA

 

ご利用上の注意点

ご投稿いただいた要望は、弊社開発チームで確認、対応を検討していくことになりますがいくつか注意点があります。あらかじめ、ご了承ください。

  • 投稿内容の公開範囲について
    先述の通り、投稿のステータスが「Nomination」以降になったとき一般公開されますが、
    それ以前のステータスにおいては投稿者本人と運営のみが参照可能です。
  • 自分の投稿が見えなくなる場合がある
    投稿者の識別情報として、SI Object Browserに登録されたライセンス情報を利用しています。
    したがって、ご本人であっても
     ・要望投稿時と異なる端末でSI Object Browserを利用した
     ・新しいバージョンのSI Object Browserを利用開始した
    といったケースにおいて、ステータスが「Nomination」以前のご自身の投稿が
    表示されなくなる場合がございます。
    ただし、要望そのものが削除されるわけではなく、「Nomination」以降になると
    再び表示されるようになります。
  • ステータスの戻りが発生する場合がある
    対応難度や他件の優先度との兼ね合いから、ステータスの戻りが発生する場合がございます。
  • 投稿内容を差し替える場合がある
    投稿いただいた内容に個人情報や機密情報と疑われる情報が含まれる場合、
    あるいは投稿内容の情報整理を目的として、別投稿での起票に替えさせていただく
    場合がございます。
  • 投稿を削除する場合がある
    公序良俗に反する内容や誹謗中傷、関係のない投稿など運営側で不適切と判断した
    投稿については、断りなく削除する場合がございます。

まとめ

今回は、SI Object Browserより要望を直接投稿する機能についてご紹介しました。
ご要望を直接伺い、製品の機能向上により多くのみなさまに便利さをお届けできればと考えております。可能な限りご要望を反映してまいりますので、ぜひご投稿ください。

また、手前味噌にはなりますが、今回の要望投稿サイトとして弊社サービス「VOICE TICKETS(ボイチケ)」を採用しております。
昨今はやりの「カスタマーサクセス」を支援するツールとして展開しておりますので、こちらに興味のある方は併せてご覧ください。

新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「製品やサポート関連」の最新記事


製品やサポート関連

SI Object Browser for Oracle 21 新機能紹介

製品やサポート関連

ライセンスの正しい利用方法

製品やサポート関連

Oracle サポート情報を問題解決に役立てる

製品やサポート関連

Oracle Databaseのバージョンを確認してみよう

SI Object Browserへの要望が簡単に投稿できるようになりました