ER図 サンプルとして使わないドメインは消していこう

 2017.04.17  株式会社システムインテグレータ

必要なものだけ残して混乱のないDB設計へ

こんにちは、ERトコ管理人です。
今日もせっせとSI ObjectBrowser ER(以下OBER)でデータベースを設計する毎日です。

トコろで、何に使っているかわからないドメインに遭遇したことはありませんか?
OBERは必要ないドメインの「断捨離」を提唱します。

用意するもの

SI ObjectBrowser ER × 1

作り方

ドメインリストをチェックしてみましょう。

アイコンからドメインリストを開いて、使用数でソートしてみてください。

414_1_2.png

データベース設計・移行に関するお役立ち資料

使用数が「0」のドメインが見つかりましたね。

念のため「現在フラグ」をダブルクリックして、ドメインを開いて利用タブを見てみましょう。

414_2.png

うん、必要ない。

こんなものは消してしまいましょう。ドメインリストから右クリックして削除します。

414_3.png

これで断捨離はOK。

でも今後別のDB設計を行う場合を考えて、念のため取っておきたいという貧乏性の方へ。

ここがポイント

ドメインリストの出力機能からXMLファイルで保存しておけば、別のER図で取り込むことが可能です。

汎用性のあるドメインは、「書出」からXMLファイルとして保存しておきましょう。

414_4.png

読み込むときは「読込」からXMLファイルを指定します。 

断捨離+再利用でますますDB設計がはかどりそうですね。

これで今日からあなたもOBERマスター!

SI Object Browser ER ガイドブック

RECENT POST「OBERをトコトン極める」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!