OBPM Neo Basic Edition

OBPM Neo Basic Editionとは

Basic Editionは、Enterprise Editionの機能のうち、進捗管理や工数管理、要員管理などの機能だけをまとめたものです。機能限定版ではありますが、普通のガントチャートツールにはない「要員管理」や「工数管理」「進捗報告」「標準化」「汎用データ出力」などの機能が統合されており、要員や工数なども関連付けた本格的なスケジュール管理が可能です。

原価管理をスコープ外にしている分、企業の部門単位で導入しやすくなっています。また、チームによりプロジェクト管理がばらばらな中小企業において統一ツールとして導入したり、ある特定の大型プロジェクトを成功させるためだけに期間限定で利用したりするケースもあります。

「脱Excel」によりプロジェクト管理の悩みを解決

Excelなどによる管理ではプロジェクトデータが一元管理されず「見える化」ができません。そのため、突然進捗遅延が発覚したり、誰がどのような作業をしているのかも把握できなかったりなど、納期遅延や最適な要員配置ができないのでコストを圧迫します。

OBPM Neo Basic Editionを導入することで、 悩みを解消して、手軽にプロジェクトの標準化、見える化を実現できます。

プロジェクトデータをExcelなどの”ファイル”でなく、データベースで一元管理することにより、全てのプロジェクトの健康状態が一目で見えるようになり、多くのユーザー企業でプロジェクトの失敗が激減しています。

プロジェクトの標準化により効率を飛躍的に向上

OBPM Neo Basic Editionには、ドメインという標準化機能が付いています。組織のプロジェクト管理力を少しずつ高めてゆくのに、標準化は非常に重要です。

PMやPLはドメイン機能でプロジェクト標準を作り、テンプレート化できるため、計画作成時間の短縮が実現できます。メンバーもOBPM Neoから簡単に実績入力ができ、各プロジェクトの予定と実績を部門長やPMOなどの管理者がすぐに状況把握できるので簡単にプロジェクト管理の強化を実現することができます。

ドメインによる標準化

部門や製品、開発手法などプロジェクトタイプに応じたWBSや進捗基準、品質基準、レビューパターン等の標準パターンをドメイン機能でテンプレート化することができます。
テンプレートを活用することで、計画作業工数の短縮、プロジェクト管理の標準化を実現化することができるので、ベテランと新任PM/PLの計画の差をなくす事ができます。

プロジェクトの細かい違いは反映されたテンプレートをベースに修正をすることで、工程タスクの抜け漏れを防ぐとともに、計画作業に要する工数を短縮して、すばやくプロジェクトを立ち上げることができます。

スケジュール、進捗状況の見える化

ガントチャート機能に登録したWBSに作業予定期間を設定し、日々進捗実績を入れていくことで、プロジェクト進捗状況の見える化ができます。
タスク単位に計画工数をセットすることで、実績工数との比較でタスク単位の生産性等を算出することができます。
5階層までのタスク登録、また最下層のタスクに対して複数の明細(To-do)を紐付けることができるため、期間の短いプロジェクトから大規模なプロジェクトまで正確に管理ができます。

メンバーの負荷状況が見える

全社や部門毎のメンバーの実績工数、今後の計画工数を一元管理することができます。

詳細画面では、「誰が」「どのプロジェクトの」「どの工程に」「何月に」「何人月」アサインされているのか予定と実績を比較しながら、瞬時に確認する事ができるのでより正確な状況の把握が可能です。

社員メンバー以外の協力会社メンバーの状況も同様に管理することができるため、契約の継続可否等にも活用する事が出来ます。

組織のプロジェクトを一元管理

経営層や部門長は、全社や自部門で動いているプロジェクトを一覧で表示して、進捗遅延率、遅れ日数、更新日など、様々な切り口で状況を瞬時に把握することができます。

気になるプロジェクトがあれば、ガントチャートや進捗報告、アサイン状況などのプロジェクト状況を確認することも可能です。

閾値を超えた際のアラート機能を活用することで、いち早く異常プロジェクトを検知し、対策を検討することができます。

統一したクラウドサービスによる効率化

OBPM Neo Basic Editionを導入して、組織で同じツールを利用することで、部門の垣根を越えて状況の見える化が実現できたり、ドメイン(テンプレート)や成功プロジェクトのコピーを利用したプロジェクト管理標準化を実現できたりすることが可能になります。

メンバー、PM/PL、経営層/部門長、といったそれぞれの立場でOBPM Neo Basic Editionを利用して、進捗や要員状況把握することで、成功プロジェクトや失敗しない、失敗してもリカバリーできるプロジェクト管理を実現できます。

プロジェクト管理ツール:OBPM Neo Basic Editionサービスご紹介資料