SI Object Browser PM ITテンプレート

IT・システムインテグレータ企業向けプロジェクト管理-ERP連携テンプレート

ITテンプレート(ERP基幹システムGRANDIT連携オプション)とは?

ITテンプレートは「統合型Web-ERP GRANDIT」とOBPMを連携させる、システム開発企業向けの連携オプションです。IT業界向けの統合システムとして、販売、調達、会計、継続契約、業務委託契約、プロジェクト管理、個別原価計算とIT業界の業務全体を統合管理することが可能です。

※「GRANDIT」は、会計、販売、調達、在庫、生産、債権、債務、人事、給与という製造業、流通・卸売業における全業務範囲をカバーする統合型のWeb-ERPシステムです。
「GRANDIT」ページはこちら

ITテンプレートは以下の製品でご利用いただけます。

導入メリット

プロジェクト管理とERPを連携させることでIT企業は質の高い業務を行うことが可能になります。

  • マスタやトランザクションのデータがIT業界の業務想定で連携
  • IT業界にて利用されている実際のノウハウ・経験で業務、機能設計
  • 精度の高い採算・業績情報のリアルタイムの把握ができる。管理レベルの向上・強化
  • プロジェクトデータが営業・開発で緊密に連携しているので、業務効率化が図れると共に、管理/現場層で必要なデータ収集/分析が可能

代表的な機能

プロジェクトデータ、受注確度の連携

OBPMで発番したプロジェクトコードなどのプロジェクト情報を連携できます。また、GRANDITのプロスペクト情報とOBPMのプロジェクト情報の間で受注確度を連携します。

マスタ連携

GRANDIT側で保持している顧客(得意先)、委託先(仕入先)のマスタが連携できます。

仕訳、継続取引売上予定の連携

経費、物販に関する仕訳をGRANDITからOBPMに連携します。また、仕掛品、完成原価、進行基準の売上、みなし外注費に関する仕訳をOBPMからGRANDITに連携します。GRANDITの継続取引台帳の売上予定情報をOBPMのプロジェクト検収情報に連携します。

予算・見込み入力 、BIレポート

ITテンプレートを導入することで、OBPMで予算見込管理機能の利用が可能になります。GRANDITでは勘定科目別の予算を登録し、OBPMでは案件別の見込を登録することで、部門予算の一元管理が可能になります。データをもとに6種類の定型レポートにて集計することで、経営層自らが複数の切り口でレポートを見ることができ、迅速に経営情報を入手できます。

レポート 内容
ランク別損益集計表 各事業の損益予実を受注確度別に集計
事業別売上月次推移 各事業の売上予実を月、四半期、半期で集計
事業別原価月次推移 各事業の原価予実を月、四半期、半期で集計
事業別受注月次推移 各事業の受注予実を月、四半期、半期で集計
商品別売上月次推移 商品別の売上予実を月、四半期、半期で集計
商品別保守売上月次推移 保守売上の予実を月、四半期、半期で集計
プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

導入実績150社を超えるプロジェクト管理ツール「OBPM」だから実現する、高度なプロジェクト管理機能をわかりやすく紹介します。

より効率化が求められる中、コスト・スケジュール・要員管理・品質管理など、プロジェクト管理に求められる役割は一層大きくなっています。

本資料では、OBPMを活用したプロジェクト管理の課題解決についてご紹介します。

ECサイト構築パッケージ選定 7つのポイント

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック