SI Object Browser PM エンジニアリング版

建設エンジニアリング・専業エンジニアリング企業向けプロジェクト管理

SI Object Browser PM エンジニアリング版とは?

エンジニアリング企業向けに提供されるSI Object Browser PM エンジニアリング版は、「モノ」の管理に加えて「人」のプロジェクト管理を実現したい企業向けの統合プロジェクト管理ツールです。
SI Object Browser PM エンジニアリング版を活用することで、進捗や原価など従来個別に管理されていたものを、市場調査から測量、設計、施工、保全、点検に至るエンドツーエンドの工程において統合してプロジェクトを管理することが可能になります。

対象企業:

  • 建設エンジニアリング(建設コンサルタント含む)
    土木工事(河川調査、地盤調査、橋梁調査 など)
  • 専業エンジニアリング
    プロセス・エンジニアリング(石油、化学、薬、化粧品、洗剤 等)
    環境エンジニアリング(水・空気処理、廃棄処理 等)
SI Object Browser PM for エンジニアリング フル機能版(オンプレミス)とは?

よくあるプロジェクト管理の悩みを解決

プロジェクト管理ができていないと、納期やコストを圧迫します。

エンジニアリング企業の多くは下記のようなプロジェクト管理に関する悩み多くを抱えています。

OBPM エンジニアリング版を導入することで、悩みを解消して、プロジェクトの標準化、見える化を実現して組織でプロジェクト管理の強化ができます。


  • PJ会議で報告した翌週に突然、赤字になる。
  • プロジェクト管理を行うためのシステムが多く、集計に手間がかかる。状況もリアルタイムにわからない。
  • ルールや基準がなく、属人管理になっている。
  • リソース計画を立てるのが難しく、最適なアサインができていない。
  • 各部門毎に管理がばらばらで、共有されていないので状況がわからない。

プロジェクト管理に必要な機能を実装

コスト管理、進捗管理、要因管理を中心として、エンジニアリング企業のプロジェクト管理に必要な機能を実装。ユーザビリティを重視したわかりやすいインターフェイスで提供し、プロジェクト管理の強化を推進します。

エンジニアリング企業も、統合型でプロジェクト管理

OBPMエンジニアリング版は、フル機能版 IT向けと同様の機能です。
プロジェクト管理の標準PMBOKに準拠しており、5つのプロセスと10知識エリアに準拠したメニュー構成となっています。

現場の利便性と実用性を重視しているため、直感的に入りやすい統合化されたプロジェクトメニューになっています。

また、管理者は、メインメニューから、プロジェクト単位、部門、チームなど見たいレイヤーでコスト、進捗、要員負荷などをリアルタイムに状況把握することが可能です。
統合型でプロジェクトの見える化を推進します。

ドメイン(テンプレート)を利用して組織でプロジェクトの標準化

部門や業務、手法などプロジェクトタイプに応じたWBSや品質基準、進捗基準、レビューパターン等の標準パターンをドメイン機能でテンプレート化することが出来ます。

プロジェクトの細かい違いは反映されたテンプレートをベースに修正をすることで、工程タスクの抜け漏れを防ぐとともに、計画作業に要する工数を短縮して、すばやくプロジェクトを立ち上げることができます。

テンプレートを活用することで、計画作業工数の短縮、プロジェクト管理の標準化を実現化することが出来るので、属人的なやり方をなくし、組織で標準化することが可能です。

エンジニアリング企業に則したプロジェクトライフサイクルを実現

OBPMエンジニアリング版は、エンジニアリング企業特有のプロジェクトを包括的にサポートします。

例えば、「市場調査」「調査・測量」「設計」「施工」「保守・保全」「点検」というプロジェクトが複数動いています。 部門やプロジェクト毎にバラバラに管理されていれば、状況の把握、共有もできず遅れやミスの原因にもなります。

OBPMエンジニアリング版は、これらのプロジェクトを包括的に管理することができます。 これにより従来バラバラに管理されていたプロジェクトを全社共通の指標で一元的に管理できるため見える化・標準化はもちろん、生産性、品質の向上にもつながり、組織のプロジェクト管理の強化が実現できます。

プロジェクト管理と図面管理を連携

多くのエンジニアリング企業からの要望に応えてOBPMエンジニアリング版は、プロジェクト管理と図面管理の統合を実現しました。

図面・文書管理システム「FullWEB」(株式会社コネクテッド)との連携によりプロジェクトと図面がシームレスにつながります。 また、完全統合型Web-ERP:GRANDITとの連携によりプロジェクトとバックオフィスを統合することも可能です。

OBPM エンジニアリング版を利用してプロジェクト管理の強化

OBPM エンジニアリング版 を導入して、組織で同じツールを利用することで、部門の垣根を超えてプロジェクト状況の見える化が実現できたり、ドメイン(テンプレート)や成功プロジェクトのコピーを利用したプロジェクト管理標準化を実現することが可能になります。
メンバー、PM/PL、経営層/部門長、といったそれぞれの立場でOBPM エンジニアリング版 を利用して、コスト管理、進捗管理、品質管理、要員管理を中心として、全社のプロジェクト管理を統合化することで、成功プロジェクトや失敗しない、失敗してもリカバリーできるプロジェクト管理を実現出来ます。

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

プロジェクト管理ツール:OBPM基本ガイドブック

導入実績150社を超えるプロジェクト管理ツール「OBPM」だから実現する、高度なプロジェクト管理機能をわかりやすく紹介します。

より効率化が求められる中、コスト・スケジュール・要員管理・品質管理など、プロジェクト管理に求められる役割は一層大きくなっています。

本資料では、OBPMを活用したプロジェクト管理の課題解決についてご紹介します。

ダウンロード

新規CTA