SI Object Browser Designer

SI Object Browser Designerが 品質アップコスト削減実現!

システム開発 設計書作成CADツール

  • 特許取得 第570284号 平成27年2月27日取得
  • システム開発 設計書作成CADツールにより生産性30%アップ

SI Object Browser Designerとは

システム開発における基本設計書および詳細設計書作成を効率よく作成するCADツールです。表計算ソフトによる設計プロセスの課題を解決。
設計工程の設計効率と品質を向上させることができます。

数多くの企業様にご利用いただいています。

※許可をいただいた企業様のみ掲載しております。

  • アナハイム・テクノロジー アルビオン smile & thanks life NOK株式会社 AIR WATER GROUP KAIROS
  • JSP 株式会社JP情報センター 株式会社ソフトウェアセンター 株式会社DACS MKI三井情報株式会社
  • ミツイワ情報株式会社 明電システムソリューション株式会社 ロジャース 渡辺電気工業株式会社
しかも、導入後の生産性がなんと導入前と比較して約30%アップを実現しています!

SI Object Browser Designerを
導入された企業様の声

  • NOK株式会社様

    ツールの仕様書の出来に満足

    一部の社内システムは委託開発しているものもありましたので、当初は委託先にいただいた設計書の中から良いフォーマットを採用しようと思っていました。 しかし、いざ検討すると、情報過多で採用が難しいのです。その点、OBデザイナーの標準フォーマットは必要な情報だけに絞られており、非常に見やすかったので、こちらをベースにすることにしました。 結果的には、ほぼノンカスタマイズで当社の標準フォーマットにすることができました。

  • 渡辺電機工業株式会社様

    設計未経験者にこそ使ってほしいツール

    私たち情報グループは社内システムのメンテナンスを行う部署ですので、設計書の新規作成の経験はほとんどありません。そのため、設計書はどのような構成で、どのようなことを書くべきかがわかりませんでした。その点、OBデザイナーはレイアウト、項目、イベントなどがタブ単位で区切られており、順に入力していくだけで設計書が出来上がる仕組みになっており、テーブルやイベントなどの項目もプルダウン選択でできます。これなら、私たちでも設計できると思いました。

  • 株式会社JP情報センター様

    ソースコードジェネレータにはない良さがある

    ソースコードジェネレータはプログラミング知識がない人でもアプリケーションが作れることが魅力ですが、独自の関数やフレームワークを理解する必要があったこと、また、やりたいことを実現できても、その操作に違和感を覚えたため、導入は難しいと判断しました。その後、OBデザイナーを検証しましたが、そのような問題がなかったことから採用しました。OBデザイナーも先にテーブル設計をしてから帳票の各項目と関連付けるなど、決められた手順に沿って操作する必要があります。しかし、基本的には外部設計⇒内部設計という段階的設計の考えに準拠していますので、そうだよね、と納得できます。

  • 株式会社JSP様
  • 株式会社JSP様

    "信用"できるソフトウェア仕様書づくりを

    OBデザイナーのデモをみせていただいたときに、長年の問題が解決できると思いました。OBデザイナーはバージョン管理機能が標準で搭載されていますので、仕様書をいつ・誰が・何を変更したのかが、いつでも把握できるようになります。ちょうどシステムをリプレイスするタイミングでしたので、すぐに導入することを決めました。 現在は販売管理システムでスモールスタートしていますが予算管理、原価計算システムにもマスタが連携しているため、あわせてOBデザイナーを導入予定です。また将来的にはグループ会社のシステムでも展開していきます。

システム開発に導入する企業
続々と増えています!

システム開発に携わる責任者の皆さん 設計書の作成で
こんな課題を抱えていませんか?

記述ルールやフォーマットを統一できていない(属人化)

仕様変更時のメンテナンス・変更などの履歴管理が大変

いつ・誰が・どこを修正したか把握できない

設計の効率化と品質強化を合わせて行うのが難しい

多くの企業が
これらの課題を抱えています!

改善できないままだと、 生産性や品質の低下、工数が増えるなどの悪影響は避けられません。

そんな設計書の作成に関する課題を
SI Object Browser Designerが解決します!

ExcelやWordなどの表計算ソフトを用いていた設計書を
専用の設計書作成ツールで作成。
設計情報はすべてデータベースで一元管理できるので、
標準化および仕様変更の影響範囲や変更履歴の把握が簡単です。
また、CAD(Computer Aided Design)を導入したことで、
マウス操作で簡単に設計作業が行えます。

専用ツール化より 効率品質Wアップ!

専用フォームによる設計
設計フォームの標準化により、属人化を防止。また、設計データは一貫性と整合性を維持できるので、仕様変更によるミスも防止できます。
データベースで一元管理
設計情報をデータベースから一元管理できるので、プロジェクトをまたいだ横断検索や仕様変更時の影響範囲の特定なども可能です。
変更管理
「いつ」「誰が」「何を」修正したかなどの変更履歴の確認が可能です。

システム開発の
「属人化」「非効率化」「低品質」防ぎます!

SI Object Browser Designerが
選ばれる2つの理由

- 理由その1 - 主な6つの機能

機能 1 画面レイアウト設計
・ツールパレットからコントロール(テキスト・ボタン・パネル・画像など)をドラッグし、画面レイアウトを設定 する。
・各プロパティの必要項目(サイズ・フォント・IMEなど)を選択設定するだけで完了できる簡単な操作性。
機能 2 カスタムコントロール
・共通のコントロールを一覧表示、配置を可能にした
見やすく分かりやすい仕様。
・カスタムコントロール修正は参照側も同時反映でき
るので、修正の手間を省ける。
「メッセージ辞書」や「システム比較機能」など品
質向上に役立つ機能が完備。
機能 3 設計データの変更管理
チェックイン、チェックアウトによる変更管理が把握しやすい。
バージョン管理と変更履歴管理を把握しやすいので、 調査にかかる手間を削減できる。
機能 4 仕様変更時の影響把握
・特定の機能が呼び出す/呼び出される機能をツリー表
示。
・テーブルの場合はCRUD形式で表示。
仕様変更が発生した際の影響範囲を効率よく確実に
判断
することができる。
機能 5 レポート生成
・基本設計書/詳細設計書の作成に必要なレポート様式を一式完備。
企業標準に合わせデザインや出力項目のカスタマイズが可能。
オリジナルレポートの追加も可能。
機能 6 モックアップ(HTML)出力
・画面レイアウト情報をもとに、HTML形式で画面プ
ロトタイプを出力。
・テーブルの場合はCRUD形式で表示。
・遷移先の設計情報をもとに、ボタンクリック時の画
面遷移のデモンストレーションが可能。設計書だけで
は確認が不可能な「画面遷移の自然さ」や「データ
入力の効率」などの使用感を把握できる。

- 理由その2 - システム開発設計の様々なシーンで活用できる 設計の生産性・品質向上はもちろん、様々な設計に関する課題解決に役立ちます。

設計工程の標準化
専用フォームから設計するので属人化を防止でき、設計フォーマットおよびプロセスの標準化が可能となります。
過去の設計資産を活用
全社単位で設計情報をデータベース管理できるので、過去の設計ノウハウを活用しつつ、新規システムの設計を行うことが可能です。 クラウドサービスなので拠点の制限に縛られず、共有することが可能。また、 部門やチーム単位でセキュリティをかけることができるので、機密性も保持できます。
保守・メンテナンスコストの削減
システム変更時の影響度調査などを簡単に行うことが可能。 既存システムの設計データを取り込むだけで、その後の運用コストを大幅に削減することができます。
設計工程の内部統制を実現
同一の設計データを同時編集しないための排他制御機能、自動バージョン管理機能が備わっています。 「いつ・誰が・何を変更したのか」を簡単に調べることが可能です。

高品質かつスピーディーな開発を支援!
お客様プロジェクト成功導きます。