SI Object Browser Designer・AISIA-DRが
「IT導入補助金」の対象ITツールとして登録されました

itsup_obdz

当社の設計書ツール「SI Object Browser Designer」AI画像認識サービス「AISIA-DR」が、補助金対象ITツール(特別枠C類型-2)として登録されました。

IT導入補助金とは、経済産業省ならびに独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施する、生産性向上となるITツールを導入する事業者に対して導入費用の一部を補助する制度です。対象のお客様が補助金の申請を行い、採択されることで、お支払額の3/4(30万円~450万円未満)の補助金が交付されます。
本製品を導入を検討されている方は、ぜひ本制度のご利用をご検討ください。

対象企業様

資本金3億円以下または常勤従業員300人以下の企業様
※ソフトウェア業または製造業の場合となります。
  詳しくはIT導入補助金2020ホームページをご覧ください。

お申込み可能期間

2020年12月4日(金)まで
※交付申請の期限は12月18日までとなりますが、gBizIDプライムの取得審査に約2週間かかりますため、上記期限までに弊社までお知らせください。

お申込みの流れ

  • gBizIDプライムの取得

WebサイトにてgBizIDプライムのアカウントの取得申請いたします。
※取得には印鑑証明書のご用意が必要です。

  • 交付申請

2020年12月18日までにIT補助金導入のWebサイトにて申請を実施いただきます。
※申請には履歴事項全部証明書(3ヶ月以内のもの)、および納税証明書(直近のもの)のご用意が必要です。

  • お支払い・事業実施報告

交付決定後、2021年6月30日までに製品の導入および、お支払いを手続きを完了の上、事業実施報告をいただきます。

    • 補助金交付

事業実施報告後に補助金額が確定いたしますので、Webサイトで申請することで補助金が交付されます。

  • 事業実施効果報告

以下の期間を対象に、実施効果報告を実施いただきます。

1年度目 2021年4月1日~2022年3月末日 ⇒2022年4月以降~
2年度目 2022年4月1日~2023年3月末日 ⇒2023年4月以降~
3年度目 2023年4月1日~2024年3月末日 ⇒2024年4月以降

お申し込みは導入いただくユーザー様が主体で行っていただく作業となりますが、弊社がサポートさせていただきます。IT導入補助金をご利用されたい場合、以下までご相談ください。

ご注意点

  • 最大1年分の費用が補助金の対象となります。製品価格については価格表をご覧ください。
  • SI Object Browser Designerのみのご導入の場合は、10ライセンス以上が対象となります。(5ライセンスの場合はお申込みいただけません。)AISIA-DRとあわせて導入いただく場合は5ライセンスでも申請可能です。
obdz

SI Object Browser Designer・
AISIA-DRとは

SI Object Browser Designerはソフトウェアの基本設計書・詳細設計書を専用で作成できるクラウドサービスです。

本製品を導入することで、設計の標準化や上場共有・仕様変更時の影響範囲検索が可能となり、ソフトウェア設計の生産性・品質を向上することができます。

また、AISIA-DRはSI Object Browser Designerと連携し、既存システムの画面キャプチャーをもとに、画面レイアウト定義書等の設計書を生成できるサービスです。既存のExcel設計書をお持ちの場合にSI Object Browser Designer移行や、ドキュメントのないシステムから設計書を逆生成することが可能です。

製品詳細はこちら

お問い合わせ

こちらのフォームにお問い合わせ内容をご記入の上、ご送信ください。
担当者よりご連絡させていただきます。