SI Object Browser Designer 詳細機能

設計書ジェネレータ SI Object Browser Designerの詳細機能についてご紹介します。

システムエクスプローラで一括管理

システムエクスプローラで一括管理

  • 複数システムの設計データをクラウド上で一元管理
  • システム内の設計データ(画面、帳票、バッチ、etc…)一括管理
  • コントロール部門やメンバによるアクセス権限管理

OBDZで作成した設計データはシステムエクスプローラで一括的に管理されます。

全プロジェクトからの串刺し検索や、「在庫系」「受注系」といった設計データの分類分け、頻繁に閲覧するシステムの表示絞り込み、アカウントや部門単位でデータの閲覧、編集権限を細かく指定するなど小企業に応じたカスタマイズも可能です。

標準フォーム設計

標準フォーム設計

  • 設計フォーム(テンプレート)をシステムが提供
  • 標準フォームにデータ定義するだけで設計できる

OBDZでは設計書作成のための専用のクライアントツールを提供します。

OBDZでは、画面レイアウト定義はビジュアル形式、コントロール定義はグリッド形式など、入力に最適なインタフェースになっており、ユーザーは画面の順に従って入力することで設計書が作成できます。

ページ間相互連携

ページ間相互連携

  • 各ページの定義内容は相互連携して自動反映
  • 同じ情報の多重入力や内容の不一致がない

OBDZでは関連する定義情報は自動で作成されます。従来のExcelでは画面レイアウトを作成すれば、コントロール定義などの定義を個々に入力する必要がありましたが、OBDZでは、画面レイアウトを作成すれば、コントロール定義情報が自動で作成され、さらにイベント定義を作成後は、モジュール関連図(I/O関連図)が自動で作成されるなど、関連データは同期されるようになっており、効率的に品質を保つことができます。

コントロールドリブン

コントロールドリブン

  • パレットからコントロールをドラッグして画面設計
  • 各プロパティの必要項目を選択設定するだけで設計完了

OBDZの画面レイアウト定義では、ビジュアルな画面設計が可能です。

ツールパレットからマウス操作でテキスト、ボタン、パネル、画像などのコントロールを配置し、個々のコントロール単位にサイズやフォントなどのデザイン情報、書式やI/O、IMEなどの入力情報が指定できます。

コピー&ペーストや位置揃え、アンドゥ(編集の取り消し)、独自プロパティの追加も可能です。

表示文字切替

表示文字切替

  • 桁数、ゼロサプレス、値形式、全角/半角、I/O等に応じて画面の表示文字を自動切替可能
    (文字スタイルは指定可能)

また、画面レイアウト定義では、テキストボックスなどの入力コントロールに対して入力書式を表示できます。書式文字とは、例えば、《数値のみ、6桁でゼロサプレスあり》なら「ZZZZZ6」、《全角文字、10桁でINPUTみなら「BBBBBBBBBB」》と表示するなどいったルールです。

これにより、画面レイアウト上で視覚的にデータの入力形式を表示できます。桁数などの関連プロパティ欄を変更することで自動で書式表示が更新さらます。 さらに書式ルールの設定変更も可能です。

ロジック定義

ロジック定義

  • イベントで呼び出されるプログラムロジックの処理を定義
  • インターフェース、アクション、エラーなど標準フォーム化
  • 複雑な処理内容は補足説明で自由に記述可能

OBDZではイベントから呼び出されるプログラムロジックの作成もできます。

ロジック定義では、入出力パラメータのインターフェースやデータソース、エラー定義などの情報を入力できます。複雑な処理内容は補足説明欄に記載できます。図や表形式による記述が可能です。

メッセージの一元管理

メッセージの一元管理

  • エラー発生メッセージなどをシステムで一元管理
  • メッセージの利用数、どの画面で利用されているか表示可能

画面のエラーメッセージの定義については、あらかじめ作成したメッセージマスタからプルダウン形式で設定が可能です。

また、各画面で設定したメッセージについては、「メッセージ辞書」画面で使用状況を一覧表示できます。メッセージ漏れや文言の揺らぎを防止し、品質向上に役立てることが可能です。

モジュール関連図の自動作図

モジュール関連図の自動作図

  • 定義内容をもとに、画面コントロール~イベント~ロジック ~データなどのロジック関連図を自動作図
  • アプリケーションの全体像を図示により一目で把握

OBDZではモジュール関連図(I/O関連図)を自動生成できます。画面のコントロールおよびイベントおよびロジック、影響するデータソースを図示されることによりアプリケーション全体像を視覚的に把握できます。設計書として出力することも可能です。

設計データの変更管理

設計データの変更管理

  • チェックイン、チェックアウトによる変更管理
  • バージョン管理と変更履歴管理

設計書に誤りが多いほど、下流工程からの後戻りによるオーバーヘッドが高くなるため、設計書の品質は非常に重要です。OBDZでは、複数設計者の同時編集を防止するチェックイン・チェックアウト機能やバージョン・変更内容を記録するがついています。

設計データの変更内容は自動で記録され、変更バージョンごとの比較も可能ですので「誰が、いつ、何を変更したのか」をいつでも確認できます。定期的に他の設計書と誤って修正されていないか、変更内容に間違いがないかなどを確認できることにより設計書品質の向上に役立てることができます。

レポート出力

レポート出力

  • Excelファイルベースの設計書を出力可能(客先提出用)
  • 機能単位や画面レイアウトのみなどフレキシブルな指定可能
  • テーブル定義やコード定義なども出力可能

作成した画面/帳票/バッチなどの定義データを元に、基本設計書、詳細設計書が出力できます。

画面レイアウト、コントロール定義書、イベントなどのSI Object Browser ERから取り込んだ情報をテーブル一覧、テーブル定義書として出力可能です。 特定の画面/帳票単位で出力、過去バージョンの出力、フォーマットのカスタマイズ、オリジナルのドキュメント追加など柔軟な出力が可能です。

ドメインによる設計標準化

ドメインによる設計標準化

  • 開発対象ごとの設計標準をドメインとして一元管理
  • ドメインを初期値として引用 ドメインの利用状況も管理

OBDZでは、個々のプロジェクトで作成した設計データをテンプレートするドメイン機能があります。

例えば、自社でERPシステム、Eコマースなどのパッケージをお持ちであれば、標準設計書をドメイン登録しておくことで、以降のプロジェクトでその設計データが初期データとしてコピーできますので、例えばカスタマイズの案件では差分だけの設計で可能となります。

設計書のフォーマットやメッセージマスタなどの情報もドメインに含まれますので、全社的な設計標準化に役立てることもできます。

仕様変更時の影響把握

仕様変更時の影響把握

  • 特定の機能が呼び出す/呼び出される機能をツリー表示
  • テーブルの場合はCRUD形式で表示

Word/Excel等の設計書運用では仕様変更時の影響範囲を調べることは容易ではありませんが、

OBDZでは「クロスリファレンス」機能により関連機能をツリー表示することができます。

当機能により、仕様変更が発生した際の影響範囲を効率よく確実に判断することができます。

テスト仕様書の自動生成

テスト仕様書の自動生成

詳細設計書だけでなく、テスト結果仕様書も出力することができます。

テスト工程の生産性、品質向上が可能です。

従来の運用では設計書とテスト仕様書は別々に作成していましたが、OBDZでは「単体テスト仕様書は詳細設計書記載の仕様をテストする」という考えに基づき、従来の設計データを加工して出力します。

また、OBDZ上でテスト結果を記録することも可能です。テスト結果を記録した場合は、テスト結果仕様書としての出力やサマリー画面による品質の分析が可能です。テスト結果を空の状態で出力し、紙面上でテストする運用も可能です。

モックアップ(HTML)出力

モックアップ(HTML)出力

画面レイアウト情報をもとに、HTML形式で画面プロトタイプの出力ができます。

遷移先の設計情報をもとにボタンクリック時の画面遷移のデモンストレーションも可能です。設計書だけでは不可能な「画面遷移の自然さ」や、「データ入力の効率」などの使い勝手をチェックすることが可能です。

SI Object Browser Designer カタログ