SI Object Browser Designer機能概要

設計書ジェネレータ SI Object Browser Designerの機能概要についてご紹介します。

機能概要

SI Object Browser Designerは、ソフトウェア設計書(基本設計書/詳細設計書)に必要な情報をデータベースに統合管理し、串刺し検索や、納品/調査/分析向けにさまざまな形式でデータを加工して情報を提供します。この仕組みにより、設計、テスト、保守などの設計工程全体およびトータルコストを削減します。

専用フォームによる作成

従来は基本設計フェーズでレイアウト、詳細設計フェーズで項目設計(表)、イベント…と段階的設計を行いますが、SI Object Browser Designerでは画面レイアウトを作成すると、項目一覧(表)を自動生成、さらにイベントやロジック情報を入力するとI/O関連図を自動生成できます。2度手間であった作業が自動化されることにより、設計がスピーディに行えます。

設計の品質を向上

共通コントロールをコントロールする「カスタムコントロール機能」を利用して品質を高めることができます。その他、メッセージ設計を一元管理する「メッセージ辞書」、システム単位での相違点を調査するシステム比較機能など品質向上のための機能が多く備わっています。

豊富なレポート(カスタマイズも可能)

基本設計書/詳細設計書に必要なレポート様式を一式ご用意しております。また、企業標準に合わせデザインや出力項目のカスタマイズ、オリジナルレポートの追加も可能です。

レポート一覧表

自動バージョン管理

同一の設計データを同時編集しないための排他制御機能や自動バージョン管理機能が備わっています。いつ・誰が・何を変更したのかいつでも調べられる仕組みにより、設計工程の内部統制が実現できます。

設計の標準化が可能

OBDZで作成した設計情報やレポートの様式などの情報をテンプレート登録することができます。部門や対象アプリケーションに応じたノウハウを蓄積できることにより、次回設計に活かすことができます。

テスト仕様書の自動生成

従来のExcel/Wordの運用では、単体テスト仕様書と詳細設計書は別々に作られますが、本来は詳細設計で設計した内容を確認することが単体テストの役割となります。OBDZは当V字モデル理論に基づき、データベースで記録された設計データを加工して単体テスト仕様書も生成します。インプットデータは増えないため、生産性が倍になります。

アプリケーションの種類を問わず設計可能

アプリケーションの種類を問わず設計可能

拡張機能(予備項目機能)により独自のコントロールプロパティやイベントの追加が可能です。「スタイルシート名」などのWebアプリケーション向け項目やタップやスワイプイベントを追加いただくことでスマートデバイス向けアプリケーション設計も可能です。

クラウド・オンプレミスいずれも可能

クラウド・オンプレミスいずれも可能

社内ネットワークでご利用いただけるオンプレミス版、初期費用を抑えてご利用いただけるクラウド版いずれもご用意しています。詳細につきましては価格ページをご覧ください。

SI Object Browser Designer カタログ

SI Object Browser Designer カタログ

アプリケーション設計ツール「SI Object Browser Designer(OBDZ)」は、ソフトウェア開発の上流工程である基本設計・詳細設計を合理化し、設計管理に悩むお客様の課題や解決することのできるツールです。

本資料は、OBDZの概要(価格や特長など)をまとめた資料です。

ぜひこの機会にSI Object Browser Designerをご検討ください。

ダウンロード

SI Object Browser Designer カタログ