SI Object Browser Designer機能概要

機能概要

SI Object Browser Designerは、ソフトウェア設計書(基本設計書/詳細設計書)に必要な情報をデータベースに統合管理し、串刺し検索や、納品/調査/分析向けにさまざまな形式でデータを加工して情報を提供します。この仕組みにより、設計、テスト、保守などの設計工程全体およびトータルコストを削減します。

detail-form

専用フォームによる設計

WordやExcelの手作業では、画面や帳票レイアウトや項目設計(表)、イベントやロジックの処理などをページ(シート)毎に定義するので、その整合性が保たれません。
一方、SI Object Browser Designerでは画面レイアウトを作成すると、項目一覧(表)を自動生成、さらにイベントやロジック情報を入力するとI/O関連図を自動生成できます。ワープロ的な手作業が専用CADによって自動化されることにより、設計がスピーディに行えます。

豊富なドキュメント(カスタマイズも可能)

基本設計書/詳細設計書に必要なレポート様式を一式ご用意しております。また、企業標準に合わせデザインや出力項目のカスタマイズ、オリジナルレポートの追加も可能です。

自動バージョン管理

自動バージョン管理

同一の設計データを同時編集しないための排他制御機能や自動バージョン管理機能が備わっています。いつ・誰が・何を変更したのかいつでも調べられる仕組みにより、設計工程の内部統制が実現できます。

機能詳細

画面レイアウト設計

画面レイアウト設計

  • パレットからコントロールをドラッグして画面設計
  • 各プロパティの必要項目を選択設定するだけで設計完了

OBDZの画面レイアウト定義では、ビジュアルな画面設計が可能です。

ツールパレットからマウス操作でテキスト、ボタン、パネル、画像などのコントロールを配置し、個々のコントロール単位にサイズやフォントなどのデザイン情報、書式やI/O、IMEなどの入力情報が指定できます。

コピー&ペーストや位置揃え、アンドゥ(編集の取り消し)、独自プロパティの追加も可能です。

項目のテンプレート化

項目のテンプレート化

共通コントロールをコントロールする「カスタムコントロール機能」を利用して品質を高めることができます。その他、メッセージ設計を一元管理する「メッセージ辞書」、システム単位での相違点を調査するシステム比較機能など品質向上のための機能が多く備わっています。

ロジック(プログラミング)設計

ロジック(プログラミング)設計

  • イベントで呼び出されるプログラムロジックの処理を定義
  • インターフェース、アクション、エラーなど標準フォーム化
  • 複雑な処理内容は補足説明で自由に記述可能

OBDZではイベントから呼び出されるプログラムロジックの作成もできます。

ロジック定義では、入出力パラメータのインターフェースやデータソース、エラー定義などの情報を入力できます。複雑な処理内容は補足説明欄に記載できます。図や表形式による記述が可能です。

メッセージの一元管理

メッセージの一元管理

  • エラー発生メッセージなどをシステムで一元管理
  • メッセージの利用数、どの画面で利用されているか表示可能

画面のエラーメッセージの定義については、あらかじめ作成したメッセージマスタからプルダウン形式で設定が可能です。

また、各画面で設定したメッセージについては、「メッセージ辞書」画面で使用状況を一覧表示できます。メッセージ漏れや文言の揺らぎを防止し、品質向上に役立てることが可能です。

I/O関連図の自動作図

I/O関連図の自動作図

  • 定義内容をもとに、画面コントロール~イベント~ロジック ~データなどのロジック関連図を自動作図
  • アプリケーションの全体像を図示により一目で把握

OBDZではモジュール関連図(I/O関連図)を自動生成できます。画面のコントロールおよびイベントおよびロジック、影響するデータソースを図示されることによりアプリケーション全体像を視覚的に把握できます。設計書として出力することも可能です。

仕様変更時の影響把握

仕様変更時の影響把握

  • 特定の機能が呼び出す/呼び出される機能をツリー表示
  • テーブルの場合はCRUD形式で表示

Word/Excel等の設計書運用では仕様変更時の影響範囲を調べることは容易ではありませんが、

OBDZでは「クロスリファレンス」機能により関連機能をツリー表示することができます。

当機能により、仕様変更が発生した際の影響範囲を効率よく確実に判断することができます。

モックアップ(HTML)出力

モックアップ(HTML)出力

画面レイアウト情報をもとに、HTML形式で画面プロトタイプの出力ができます。

遷移先の設計情報をもとにボタンクリック時の画面遷移のデモンストレーションも可能です。設計書だけでは不可能な「画面遷移の自然さ」や、「データ入力の効率」などの使い勝手をチェックすることが可能です。

アプリケーションの種類を問わず設計可能

アプリケーションの種類を問わず設計可能

拡張機能(予備項目機能)により独自のコントロールプロパティやイベントの追加が可能です。「スタイルシート名」などのWebアプリケーション向け項目やタップやスワイプイベントを追加いただくことでスマートデバイス向けアプリケーション設計も可能です。

「即活用できる!設計書の書き方講座」公開中