導入事例:渡辺電機工業株式会社様

一覧に戻る

渡辺電機工業株式会社

「設計未経験者にこそ使ってほしいツール」

渡辺電機工業株式会社
事例のポイント
  • 設計未経験者にとっては、”設計ノウハウ”が手に入ることが一番のメリット
  • SI社のユーザー教育サービスが良かった!不明点だけでなく、運用方法もアドバイスをくれる

計測専門メーカーである渡辺電機工業では、現在、製造工場のIT化を進めています。情報システムグループでは新規開発のため、SI Object Browser Designer(以下、OBデザイナー)を導入いただきました。導入にあたっての背景や、導入効果について詳しいお話を聞きしました。

渡辺電機工業について

渡辺電機工業について

渡辺電機工業は信号変換器やアナログ/デジタルパネルメータ等の製造・販売する計測機器専門のメーカー様です。

1940年の創業から長年培った計測技術をベースに、エレクトロニクス技術、ソフトウェア技術を組み合わせたオリジナル計測機器を数多く製造されています。
全国や販売ネットワークを持ち、国内やアジアを中心に広く販売されている計測機器の老舗メーカー様です。

OBデザイナー導入に至る背景

情報システムグループ 那須様
情報システムグループ 那須様

渡辺電機工業では昨年より製造工場のITシステム導入による近代化に取り組んでいます。調布と福島にある製造工場のうち、調布工場については順調にシステム開発が進んでいましたが、福島工場についてはなかなかうまく進みませんでした。

「調布工場についてはシステム開発専門部署が担当することになりました。調布工場の進捗は順調でしたが、福島工場は人員が足りず、着手もできない状況でした。それなら我々の情報システムグループでやるしかないと考えましたが、我々の部署では新規システムの設計経験がないことが大きな障害となりました」と那須様は当時の状況を振り返ります。製造工程については協力会社に委託することもできますが、設計工程に関しては自社製品に関わる部分のため、自社の者でないと実施は難しい…そのような課題を抱えていた時、当社よりOBデザイナーを紹介を受けたことが導入のきっかけでした。

那須様はOBデザイナーの紹介デモを見た際、すぐに導入することを決めたそうです。OBデザイナーはExcelやWord等の設計経験者向けのツールですが、那須様が採用を決めた理由は何だったのでしょうか?主な理由は以下の2点でした。

OBデザイナーの良い点①:設計のガイドラインになる

一番高く評価いただいた点は、OBデザイナーが提供するフレームワーク(設計情報の入力画面)でした。「私たち情報グループは社内システムのメンテナンスを行う部署ですので、設計書の新規作成の経験はほとんどありません。そのため、設計書はどのような構成で、どのようなことを書くべきかがわかりませんでした。その点、OBデザイナーはレイアウト、項目、イベントなどがタブ単位で区切られており、順に入力していくだけで設計書が出来上がる仕組みになっており、テーブルやイベントなどの項目もプルダウン選択でできます。これなら、私たちでも設計できると思いました」と簡単に設計できる点が一番の導入理由でした。

OBデザイナーは画面レイアウトはマウス操作形式、項目定義は表形式など専用の入力画面を提供しますので、設計の経験に関係なく、統一した設計書がつくれることが特徴です。那須様にはこの点を最も高く評価いただきました。

OBデザイナーの良い点②:レビュー時間が短縮できる

OBデザイナーの設計画面
ユーザー教育実施中の様子。実機形式でマスタの設定方法から設計書の作り方までを説明。また、運用方法についてもアドバイスしている。

また、データベースで設計情報が一元管理できる点も採用理由でした。「情報システムグループでもドキュメントサーバーでも前者のExcel設計書の管理を行っていますが、いつの間にか場所が変わっていたり、誰がつくったかわからないファイルがあったりなどの問題はありました。

その点、OBデザイナーはデータベースで管理でき、自動で変更管理もできるので、ドキュメントの整理が楽になることも魅力でした。」と管理面のコストメリットも評価いただいていました。

不明点・運用はユーザー教育で解決

では、導入後の感触についてはいかがだったのでしょうか。OBデザイナーをメインでご利用いただいている同部の菅野様にお伺いしたところ、「説明なしでは理解できない部分もあった」もあったとのことでした。「テーブルや画面レイアウト、コントロール等は作成できましたが、イベントタブでのロジックとのリンク方法や、バッチの作り方についてはイメージが沸かず、設計が進まない時期もありました。」しかし、導入後ユーザー教育サービスを受講することでこれらの不明点も解決したとのことです。「受講を終えて、もやもやしていた部分がスッキリしました。カスタムコントロールなど便利な機能も教えていただきましたので、今後活用したいと思っています」と高い評価をいただきました。

設計の文化やOBデザイナーを導入する理由は各会社様ごとによりバラバラです。そこで、ユーザー教育では長めに時間を設け、運用方法についてもアドバイスをしています。今後、導入を検討される方は、ぜひユーザー教育もご一緒に導入されてはいかがでしょうか。

今後の展望について

現在は福島工場で製造している製品の自動検査システムを設計しており、来年秋頃にカットオーバーを目指しています。

また、将来的には開発部署等への展開もしていきたいとお聞きしました。OBデザイナーはデータベースを使って設計を一元管理できる点が特徴です。対象システムも多いほどより効果を出せますので、広く普及できるよう当社でも支援して参ります。



筆者の感じたこのお客様のここがスゴい!
新規設計は未経験ながらも、自社のために開発を志願するというお話に感銘を受けました!設計未経験の方が導入した事例は初めてで、目からウロコが落ちるようなお話もたくさん伺えました。今後は設計未経験者の方にもOBデザイナーをお勧めしていきたいと思っています。

インタビュー&記事:Object Browser事業部 後迫 潤
SI Object Browser Designer カタログ

SI Object Browser Designer カタログ

アプリケーション設計ツール「SI Object Browser Designer(OBDZ)」は、ソフトウェア開発の上流工程である基本設計・詳細設計を合理化し、設計管理に悩むお客様の課題や解決することのできるツールです。

本資料は、OBDZの概要(価格や特長など)をまとめた資料です。

ぜひこの機会にSI Object Browser Designerをご検討ください。

SI Object Browser Designer カタログ

SI Object Browser Designer カタログ
SI Object Browser Designer カタログ

本資料は、OBDZの概要をまとめた資料です。ぜひこの機会に新発想の設計ツール「SI Object Browser Designer」をご検討ください。

無料Eブックをダウンロード