設計書は分類で整理して作業効率アップ

 2018.10.09  株式会社システムインテグレータ

本連載は、設計書ジェネレータ「SI Object Browser Designer(以下、OBDZ)」を使ってソフトウェアの設計書(仕様書、基本設計書、詳細設計書)を作る講座です。

設計を進めていくと、画面、帳票、テーブルなど、どうしても設計書の数が多くなってしまいます。
OBDZでは、システムエクスプローラで設計書を一元管理できるので、目的の設計書にたどり着きやすくなっていますが、さらに作業効率を上げるため「分類」を利用しましょう。

OBDZの分類とは

作成した設計書を、任意の分類にグルーピングできる機能です。設計書の管理が簡単になり、関連する設計書が見やすくなります。散乱した設計書を整理するときにも役立ちます。

分類の使い方(作成/変更/削除)

分類の作成はシステムエクスプローラから行います。
システムエクスプローラの左下にある「分類一覧」を選択します。

44-1
画面1. システムエクスプローラ

分類一覧画面が表示されますので「新規作成」をクリックします。44-2

画面2. 分類一覧画面

分類名を入力して、「分類に追加」をクリックします。44-3

画面3. 分類の新規登録画面

以下のダイアログが表示されます。システムの画面や帳票が一覧表示されますので、この分類に含めたい項目をチェックします。設定できれば「OK」ボタンをクリックします。44-4

画面4. 分類に追加

これで、分類作成は完了です。作成した分類は、システムエクスプローラの機能ツリーに表示されるようになります。クリックすると設定した項目だけに絞り込み表示ができます。

44-5

画面5. システムエクスプローラ(分類作成後)

新規CTA

[RELATED_POSTS]

分類を活用した設計書管理

分類を活用した設計書管理の例をご紹介します。

画面単位で分ける

まずは、「ユーザーサイド」「管理側サイド」など、画面の種別で分ける方法です。ECサイトの開発などに向いており、実際に開発するグループで分割して設計することができます。

業務で分割する

次は「買掛」「売掛」「経理」「人事」など、業務に特化して分ける方法です。ERPのような大規模システムの開発などに向いており、サブモジュールごとに分割して設計をすることができます。

分類を活用して作業効率を上げるということ

分類を活用することで、関連する設計書を意識できると共に、その設計書を検索する手間を省くことができます。
これにより、設計フェーズの時間を有効活用し、作業効率を上げることができます。

また、関連する設計書の管理をおろそかにすると、設計フェーズでは設計漏れを起こし、製造フェーズでも考慮漏れに繋がります。
設計フェーズ、更には製造フェーズのためにもなる分類を活用した設計を、ぜひOBDZで行ってください。

OBDZでは、製品の機能を実際にお試しいただける、無料評価版をご用意しております。
ご興味をお持ちいただけましたら、以下のURLよりお申込みください。

https://www.sint.co.jp/products/obdz/trial/trial.html

新規CTA

RECENT POST「設計書の書き方講座」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ITだけCAD使ってない不思議