進化するシステム開発ツールとその役割

 2020.03.27  株式会社システムインテグレータ

「システム開発」と聞くと、システムエンジニアが設計からプログラミングまですべて手作業で行っているというイメージがあるかもしれません。十数年前のシステム開発であるならばその認識で間違い無かったでしょう。しかし現在は違います。システム開発の多くの場面で、作業を支援するツールが使用しており、それによって開発効率も飛躍的に上がり、ソフトウェアの信頼性や品質も格段に向上しています。

そこで、本稿では年々進化するシステム開発ツールの種類と、その役割についてご紹介します。

システム開発ツールとは?

ご存知の通り、システム開発にはいろいろな工程があります。ソフトウェア全体の仕様を決定する要件定義からインターフェース(操作画面)や入出力する帳票を決める概要設計(外部設計)、その外部設計をもとにデータベース定義やプログラム単位の設計を行う詳細設計(内部設計)、開発途中と開発後に実施されるソフトウェアテストの計画を立てるテスト設計、プログラミングによってソフトウェアを構築しているコーディング、各種ソフトウェアテストなどです。

また、ソフトウェア開発におけるモデルの選択によって、手法や工程、手順なども変わります。そのため、各開発モデルではその作業を効率良く行うためのシステム開発ツールが提供されています。

それらのツールの目的な多様で、単純な繰り返し作業をひとまとめにする機能、可能な限り工程を自動化する機能、通知や連携により開発チームにおける共同開発をスムーズに行うための機能など、システム開発ツールによってその役割はさまざまです。

現代におけるシステム開発では、ほぼ何かしらのツールを利用していると言っても過言ではありません。多くのエンジニアはツールを利用することで、ソフトウェアをより短時間で開発できることを理解しており、可能な限り無駄やミスを排除したいと考えています。

システム開発にかかるコストはほとんどが人件費であり、「効率化=原価削減」に繋がるため、飛躍的に効率化が進み、ツールの利用は一般化しています。

新規CTA
新規CTA

システム開発ツールの種類と役割

それでは、システム開発ツールの種類と役割を分かりやすい説明で紹介していきます。

API(Application Programing Interface)

開発するソフトウェアが大きくなると、プログラムの中で共通する部分が多くなります。たとえば特定のデータを呼び出すための関数など、複雑なプログラムを必要とする部分はなんとか効率化したいものです。APIは、プログラムの中で共通する部分を別プログラムとして作成しておき、必要なときに呼び出して機能させるための手順やデータ形式を指します。要するに重複するプログラムをわざわざ作成しないように、ソフトウェアの中に組み込むのではなく、外部にプログラムを作っておき、必要に応じてその機能を呼び出すというものです。Webサービス提供事業者の中には自社製品にAPIを公開していることが多く、実績のあるWebサービスが提供している機能を、自社ソフトウェアに簡単に組み込むことができます。

IDE(Integrated Development Environment)

IDEは「統合開発環境ツール」といって、システム開発に必要な各種ツールを統合的に提供するものです。一般的にはプロジェクト管理機能、バージョン管理機能、GUI作成機能、チーム開発機能、コンパイラ(コンピューター言語への翻訳機)、テキストエディア(コーディングのための環境)、デバッガ(バグ発見・修正を支援する)などのツールが統合されています。企業が使用するための業務アプリケーションなど、開発規模が大きいプロジェクトで使用されることが多く、エンジニアに負担をかけずにシステム開発を進める機能が備わっています。

開発工数管理ツール

システム開発プロジェクトにおける作業量とエンジニア数を計算し、工数を管理して開発効率をアップするためのツールです。システム開発にかかるコストは人件費と工数で決定するため、工数管理を徹底してコスト削減に寄与します。開発工数管理ツールではプロジェクトに必要な作業等を各エンジニアに分配して管理することができるため、開発チームメンバー同士は互いの仕事内容や進捗が視覚化されるため、開発チームとして協力し合ったり、それぞれの作業に責任感を持ったりとさまざまな効果が期待できます。

超高速開発ツール

超高速開発ツールは大規模なシステム開発プロジェクトにおいて、GUI(Graphical User Interface)にて詳細設計を行い、そのままプログラムの生成に落とし込むことでコーディングを自動化するためのツールです。システム開発プロジェクト全体から見えれば自動化できる部分は限られますが、それだけでもプロジェクトに与える影響力は絶大なものになります。使い方によっては開発工程の約半分を自動化したという事例もあります。

SI Object Browser Designer (デザイナー)はソフトウェア開発の上流工程である基本設計・詳細設計をシステム化し、合理化・標準化を実現するCADツールで、マウス操作で簡単に設計作業が行えます。設計情報は統合・一元管理され、変更履歴も管理できますので、ワープロなどの手作業で設計書を書くのに比べてはるかに効率的に設計ができます。

テスト自動化ツール

信頼性の高いソフトウェアを開発するためには入念なテストが欠かせません。プログラムに潜むバグや脆弱性を確実に発見・修正することで、業務要件を満たす上でもセキュリティ面でも、満足度の高いシステム開発が行えます。しかし、重要だとは理解していながらもシステム開発プロジェクトの都合によって、テスト工数が削減されることは少なくありません。また、クライアントから無理な予算編成を組まれると、真っ先にテスト工数を削減していきます。そうした状況下においても、可能な限りソフトウェアの信頼性を高めるのがテスト自動化ツールです。各種テストの手順や方法を予め定義して、テスト工程を半自動化することによって効率良くソフトウェアの信頼性を高められます。

バージョン管理ツール

システム開発の現場では、プログラムのバージョン管理が非常に重要となります。開発は基本的に複数人のエンジニアで進められ、それぞれの自分の作業をこなしていくため、時にどのプログラムが最新版なのか、旧版なのか、オリジナルなのか複製なのかといった管理が複雑になります。これを徹底して管理できないと、バグや脆弱性が発生しやすくなるためソフトウェアの信頼性を担保できません。バージョン管理ツールは複数人のエンジニアで進められるシステム開発においても、プログラムのバージョンを適切に管理でき、効率良く共同開発進めるだけでなく、ソフトウェアの信頼性向上にも寄与します。

必要に応じて適切なシステム開発ツールを選択しよう!

本稿では6つのシステム開発ツールと、それぞれの役割についてご紹介しました。ただし、システム開発ツールの種類はこの限りではありませんし、種類ごとにさまざまな製品が提供されています。大切なことは、システム開発プロジェクトの特性に合わせて適切なツールを選択することです。中にはどのプロジェクトにも共通して必要なツールもありますので、その点をしっかりと理解した上で、必要に応じたツール活用を目指しましょう!

また、現代ではシステムの新規開発よりも運用や保守に大きく時間を取られています。SI Object Browser Designerは、システム変更時の影響度調査などが簡単に行え、既存システムの設計データをSI Object Browser Designerに取り込む事で、その後の運用コストを大幅に削減することができます。

評価ライセンスも提供していますので、是非お試しください。

評価版のお申込みページはこちら

新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「コラム」の最新記事


コラム

非機能要件とは?具体的な項目や機能要件との違いをわかりやすく解説

コラム

ソフトウェア設計ミスを防止するには?5つの対策を解説

コラム

業務フローとは?書き方とわかりやすい業務フローのポイント

コラム

要件定義の成果物とは?内容や作成手順を解説

進化するシステム開発ツールとその役割
新規CTA
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ITだけCAD使ってない不思議

ITだけCAD使ってない不思議