スパイラル開発とは?特徴や手順、メリット・デメリットについて解説

 2022.01.11  株式会社システムインテグレータ

スパイラル開発は要件定義から開発、レビューまでを機能ごとに小分けにして手順を踏んでいく開発手法です。

アジャイル開発と似ていますが、アジャイル開発は機能ごとに小分けした単位を都度リリースするのに対し、スパイラル開発はプロトタイプを作りレビューしながら進め、全ての機能が開発し終わったらリリースする点が異なります。

本記事ではスパイラル開発の特徴や手順、メリット・デメリットについて解説します。

スパイラル開発の特徴

スパイラル開発はソフトウェア開発手法の一つです。

開発するシステムを機能ごとに分割して、それぞれの機能のプロトタイプをユーザやクライアントにレビューしてもらいながら進めていき、全ての機能の実装が完了したらリリースする流れになります。

1つの機能毎に「要件定義」「設計」「実装」「テスト」「評価・改善」をしていき、それを何度も繰り返し行うのでスパイラル開発と呼ばれています。

スパイラル開発の手順

スパイラル開発は1つの機能ごとに「要件定義」「設計」「実装」「テスト」「評価・改善」を繰り返し行います。一つずつみていきましょう。

要件定義

どんな機能を作るのかを決定する要件定義から始まります。

なぜその機能を作るのか?どんな処理が必要なのかを洗い出し、仕様書にまとめます。

要件定義を失敗すると、後々に大きな影響を及ぼします。しっかりと時間をかけて何がしたいのかをまとめましょう。

設計

要件定義で決定した仕様を元に、画面や処理の設計を行います。

スパイラル開発では機能ごとに設計を行うので、優先度の高い機能から設計していくのがポイントです。

他の機能とのハブになる機能やクリティカルな機能から優先順位付けしていくと良いでしょう。

また、設計フェーズでは機能と機能を結びつけるインターフェース設計も重要になります。

インターフェース設計が不十分だと機能同士をうまく結びつけられず、その改修にコストが発生してしまいます。

実装

設計した内容を元に実際に機能を実装していくフェーズです。

スパイラル開発では1つずつ機能を作っていき、完成したらそれぞれの機能を繋ぎ合わせていく実装も必要になります。

また、実装に関しては今後の保守も視野に入れてソースコードに統一性を持たせたり、ルールを作ったりしておくとなお良いです。

テスト

実装した内容が設計通りに実装されているかをテストします。

機能同士のインターフェースもテスト内容に含まれます。

テストは単体テストの他に疎通テストと呼ばれる機能間動作検証も必要になります。

評価・改善

作成した機能を評価し、改善点を探します。

改善点や不具合が見つかったら再度実装フェーズに戻ります。万一仕様に問題がある場合は要件定義から再スタートとなります。

レビューが通り問題ないと判断できたらまた次の機能の要件定義へと進みます。

他の開発手法との違い

代表的な開発手法である「ウォーターフォール開発」と「アジャイル開発」との違いをみていきましょう。

ウォーターフォールとの違い

ウォーターフォールはスパイラル開発と同じような手順を踏んでリリースまで進めますが、スパイラル開発が機能単位で分けて進めるのに対し、ウォーターフォールはシステム全体の仕様を決めて進めていく点で異なります。

アジャイルとの違い

アジャイル開発とスパイラル開発はかなり似ていますが、スパイラル開発が全ての機能が完成次第リリースするのに対し、アジャイル開発は予め区切った期間内で実装された機能を都度リリースしていく手法をとります。

その意味ではスパイラル開発では主に品質を重視しており、アジャイル開発は計画やプロジェクトの進捗を重視している開発と言えます。

スパイラル開発のメリット

次にスパイラル開発のメリットをみていきましょう。

スケジュールや仕様の変更に対応しやすい

スパイラル開発は作成する機能ごとに要件定義〜評価・改善までを進めていく手法なので、スケジュールや仕様の変更が比較的容易です。

また、スパイラル開発は評価・改善ではプロトタイプを使うので、その時点で問題がある場合は即座に反映し、実際にリリースされる機能の実装に役立たせることができます。

仕様変更やスケジュールの変更が容易なので、ユーザやクライアントからの要望に対して柔軟に対応しやすいと言えます。

手戻りを抑えられる

スパイラル開発は機能ごとに小分けにして実装を進めていくので、ウォーターフォール開発と比べて手戻りを抑えられるメリットがあります。

早い段階でフィードバックを受けて改善または不具合改修ができると、完成したシステムの品質も大幅に向上します。

スパイラル開発のデメリット

次にスパイラル開発のデメリットを見ていきましょう。

プロジェクトの全体像が把握しづらい

個別に機能を実装していくのでシステムの全体像が把握しづらい点はデメリットと言えるでしょう。

またスパイラル開発では最初に全ての要件を定義するわけではないので、最初に開発コストを見積もるのが難しく、想定以上のフィードバックがあるとフォーターフォール以上に開発が長期化したり、一度実装が完了した機能も他の機能とのインターフェース周りで改善する必要が出てくることが多いです。

プロトタイプの開発コストが大きい

スパイラル開発ではクライアントと一緒に評価・改善点を模索する作業が必要になりますが、そのプロトタイプを実装するのにも相応のコストがかかります。

1機能を実装するごとにレビューしてもらい、そこで修正が発生したり、機能不足で新たな機能を実装しないといけなくなるパターンも多く、想定以上のシステム開発コストがかかる場合があります。

スパイラル開発に適した案件パターン

最後にスパイラル開発に最も適したシステム開発案件の特徴を見ていきましょう。

大規模システム案件

大規模なシステムは全ての機能を最初から要件定義すると、それだけで1年以上かかってしまう場合もあります。

その上初めから全ての仕様をまとめるのも非常に難しく、頭で考えるだけでは机上の空論のような仕様や設計ができあがってしまうことも多いです。

スパイラル開発であれば少しずつシステムを開発していくので、実際にプロトタイプを動かしながら次の機能の要件定義をするのでどんな機能が必要かが明確になりやすいメリットがあります。

ただし、初めから全ての機能の要件をまとめるわけではないので、最終的にどれくらいの工数が必要なのかを把握しづらい点は要注意です。

クライアントがシステム開発案件発注に慣れていないパターン

例えばクライアントが初めてシステム開発案件を発注したようなパターンであれば、スパイラル開発を採用して1ずつ作成していった方が、クライアントからすると進捗が見えて安心しやすく、システム開発がスムーズに進む可能性が高いです。

ただし、慣れていない場合は後々仕様の変更や追加機能の実装が必要になるケースが多く、その対応を考えておく必要があるでしょう。

 

新規CTA
新規CTA

まとめ

スパイラル開発はウォーターフォールと比べて1機能ごとにスパイラルを回していくので、クライアントがシステム開発の流れに慣れていない場合や、大規模なシステム開発の場合などに役に立ちます。

どの開発手法にもメリットやデメリットがあり、案件のパターンに応じて使い分けていくことが重要になります。

また、スパイラル開発はアジャイル開発と似ているので、アジャイル開発についてもしっかりと理解を深めることで、本当に適した方はどちらなのかを判断できるようにしましょう。

CTA

RECENT POST「コラム」の最新記事


コラム

ウォーターフォールとは?~各工程について解説~

コラム

アジャイルとは?~代表的な手法についても紹介~

コラム

スクラムとは?~各工程について解説~

コラム

プロトタイプ開発とは?進め方やメリットを解説

スパイラル開発とは?特徴や手順、メリット・デメリットについて解説