設計業務がプロジェクト成功のカギを握る

 2019.04.09  株式会社システムインテグレータ

システム開発に携わられている方達において、生産性向上、品質向上は永遠のテーマです。
開発業務における工程は(要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング、単体テスト、結合テスト、システムテスト など)挙げればたくさんあり、重要でない工程はありませんが、本稿ではどこを見直すのが効果的か解説させて頂きます。

V字モデル

そもそも、「生産性が悪い」や「品質が悪い」はどの業務(工程)で気づくのでしょうか。
おおよそ下流工程に進めば進むほど上記のような課題が発覚します。
では下流工程を見直せばよいのでしょうか。答えは「No」です。
図1にあるV字モデルを見たことのある人は多いと思いますが、赤枠で囲ってある上流工程(要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング)がとても大切です。
図の通りですが、ほとんどのテストが上流工程と結びついています。
基本設計であれば結合テスト、詳細設計であれば単体テストなどが紐づきます。

例えば、結合テスト時に設計の誤りが発覚した場合は、基本設計の工程まで戻り、再テストしなければなりません。場合によっては詳細設計、プログラミング、デバック、単体テストとやり直す必要があり、とても非効率です。
全ての課題で当てはまる訳ではないですが、基本設計、詳細設計でキレイな設計書を作成すれば戻り作業を極力避けることができます。

図1 V字モデル

[RELATED_POSTS]

なぜ生産性向上、品質向上が実現できないのか

上流工程の品質を高めることで、下流工程もスムーズに進められるのは分かりきっていることですが、どうしても改善対策が後手に回ってしまい、属人的になり、ノウハウを社内で共有できていません。
各業務、工程ごとに担当者が違うので、成果物も明確ですが、属人化してしまいます。
また、Officeで設計書を記載される方がほとんどだと思いますが、Excel、Wordは使い慣れている反面、下記のような課題があります。

  • 「画面レイアウト」と「項目一覧」など同じ情報をシート毎に入力
  • 誤字やシート間の不整合が多発する
  • 設計者ごとにバラバラになる(属人化) など

生産性向上、品質向上の第一歩は設計工程を見直す事からはじまります。
SI Object Browser Designerは上記のような課題が、解決できるツールとなっておりますので、まずはお気軽に資料をご覧ください。導入してすぐに効果がでる製品ではありませんが、officeから脱却し、使い続ける事で確実に品質が向上します。お問い合わせもお待ちしております。

Object Browser 事業部

新規CTA

RECENT POST「コラム」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

OBデザイナーで
生産性向上!