仕様変更時に役立つ機能

 2017.05.09  株式会社システムインテグレータ

OBDZは設計書作成作業をシステム化し、設計工程の合理化・標準化を実現できるツールです。
本連載は、設計書ジェネレータ「SI Object Browser Designer(以下、OBDZ)」を使ってソフトウェアの設計書(仕様書、基本設計書、詳細設計書)を作る講座です。今回は仕様変更に役立つ2つの機能をご紹介します。

操作方法を覚えるには、実際に製品を触りながら行うのが一番ですので、
OBDZをお持ちでない方はぜひ評価版をインストールの上、お読みください。
以下のURLよりお申込みいただくと、製品のログインに必要なアカウントを取得いただけます。
https://www.sint.co.jp/products/obdz/trial/trial.html

設計データ(コントロール)の串刺し検索

例えば、販売管理システムの「受注番号」などのキー項目は、複数の画面で共通コントロールとして使用されています。

このような共通コントロールを後で修正する必要が出た場合、ExcelやWordの運用ですとすべての設計ファイルを確認し、影響箇所を探し出す必要があります。これには作業コストや漏れによる2次不具合のリスクが発生いたします。

繰り返しとなりますが、OBDZは設計のシステム化を実現するツールです。
設計データはすべてデータとして格納されているため、仕様変更の際も、影響箇所を検索することが容易になります。

1-12396.png

図1.仕様変更時のExcel/Word運用・システム運用の違い

では、具体的な方法を、「受注番号」の定義が変更された場合を例にご説明します。

システムエクスプローラ左下にある「コントロール一覧の表示」をクリックすると、対象システム内の全コントロールが一覧表示されます。

controllist

画面1.コントロール一覧

上側の検索欄より絞込検索ができます。今回は「受注番号」で検索します。検索結果は以下の通りですまた、一覧の各列タイトルの箇所をクリックするとアルファベット順に並び替えることもできます。

controllist2

画面2.コントロール一覧(コントロール名で並び替えられた状態)

新規CTA

続けて、「機能名」の列をみると「注文履歴」「新規受注登録(注文完了)」「受注修正」などの画面名が表示されているのがわかります。これがコントロールの配置されている対象の画面となります。修正したい際は、一覧の項目をダブルクリックすると該当の画面が開きますので、続けて修正できます。

[RELATED_POSTS]

共通コントロールを登録する「カスタムコントロール」

もう1つ、仕様変更に役立つ機能としてカスタムコントロール機能をご紹介します。
カスタムコントロールとは、共通コントロールのテンプレートのことです。

さきほどの例で挙げたような「受注番号」や共通ヘッダー、企業ロゴなど複数画面で使用される共通コントロールを
カスタムコントロールとして登録することで、作成が確実にでき、また、仕様修正の際も簡単に修正が可能です。

4-4.png図2.カスタムコントロールの使用方法

では、まずカスタムコントロールの登録方法からご説明します。

画面または帳票の画面レイアウトタブにて共通にしたいコントロールを選択後、右クリックメニューより「カスタムコントロール作成」を選択することで作成できます。
複数のコントロールをまとめてカスタムコントロールにしたい場合は、それらを選択後「カスタムコントロールグループ作成」でグループ登録も可能です。

customcontrol

画面3.画面タブ(カスタムコントロール登録)

登録後は、他の画面で再利用が簡単に可能となります。

画面レイアウトタブの右側の「Custom」タブを選択すると、登録されたカスタムコントロール一覧が表示されます。この一覧から画面レイアウト内にドラッグ&ドロップすることで登録したコントロールが配置されます。

customcontrol2

画面4.画面タブ(カスタムコントロールの配置)

カスタムコントロール機能の最大のメリットは「修正が1ヶ所で済む」点です。登録したカスタムコントロールの内容を後で変更したい場合は、システムエクスプローラの左下にある「カスタムコントロール」をクリックします。

カスタマムコントロール一覧が表示されますので、対象のコントロールをクリックします。カスタムコントロールの編集画面が表示されますので、プロパティ情報を変更して「更新」ボタンをクリックします。

customcontrol3

画面5.カスタムコントロール一覧および詳細画面

この操作で、各画面でカスタムコントロールに関連付けられたコントロールがまとめて変更されます。

仕様変更に備えるためには、基本的にカスタムコントロールを活用するようにし、 対応漏れの確認など、全体のデータ内容を検索したい場合にコントロール一覧を併用するのが良いでしょう。しかし、新規システムの設計時などは、最初に共通コントロールを決めて作りこんでいくのが難しい場合もあります。 その場合は、ある程度設計を終えた後で、共通のプロパティ項目を探し出し、カスタムコントロール化していく運用も可能です。具体的には、コントロール一覧で複数のコントロールの設定内容を確認後、共通コントロールにしたいものをまとめて 選択後、右クリック→「カスタムコントロールの登録」を選ぶだけです。 選択した各コントロールのプロパティ内容が全く同じであれば、同一のカスタムコントロールとして関連付けされます。

customcontrol4

画面6.コントロール一覧からカスタムコントロールの登録

以上で仕様変更に役立つ機能をご紹介しました。OBDZでは非常に簡単な手順で、影響箇所の把握や修正ができることがお分かりいただけたかと思います。

仕様変更のコストはプロジェクトの成功可否にかかわるほど大きいものですが、顧客によりよいシステムを提供するためには、 仕様変更は避けて通れない道です。OBDZはそのための非常に強力なツールとなります。 ぜひメンテナンス性の合理化のためにも導入いただければ幸いです。


出展:ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰 漫画 on web (http://mangaonweb.com)

新規CTA

RECENT POST「設計書の書き方講座」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ITだけCAD使ってない不思議