バージョン管理機能を使いこなす

 2017.05.09  株式会社システムインテグレータ

運用・テクニック

本連載は、設計書ジェネレータ「SI Object Browser Designer(以下、OBDZ)」を使ってソフトウェアの設計書(仕様書、基本設計書、詳細設計書)を作る講座です。今回はOBDZのコピー機能を使用して過去に作成した設計データを複製する方法をご紹介します。

バージョン管理のテクニック

OBDZのバージョン管理機能は、設計書を「いつ・誰が・何を」変更したかがいつでも把握できる機能です。こちらでも基本的な使い方として、同時更新防止の仕組み(チェックイン・チェックアウト)や、変更履歴の確認方法をご紹介しましたが、今回はさらに使いこなすための3つのテクニックをご紹介します。

1.レイアウトの変更内容を素早く確認する(当時の画面を開く)

バージョン管理の画面は、「ファイル」メニューバージョン管理より呼び出していただくことができます。こちらでもご紹介した通り、2つ履歴を選択し「比較」ボタンにて変更内容が表ツリー形式で確認できますが、「レイアウトがどのように変わったのか」などを知りたいときは表形式では少し不便です。このような場合は履歴をダブルクリックすることで当時の画面を開くことができます。

version

画面1.レイアウトの変更内容を素早く確認する

履歴を2つ同時に開くこともできますので、ビジュアルでレイアウトの変更内容が確認できます。画面タブだけでなくコントロールタブや、イベントタブの変更内容も確認できます。

2.設計書レポートの更新履歴を手動で書き換える

OBDZのアウトプットである設計書レポートの表紙には、「更新履歴」が表示されます。

新規CTA

02-14.png

画面2.OBDZの設計書レポート(表紙)

Excel/Wordの運用では更新履歴は手書きで作るかたちですが、OBDZではバージョン管理と連動しており、チェックイン時に入力したコメントやバージョン情報から自動生成します。手書きの運用と比べると効率アップや入力漏れがなくなるメリットがありますが、場合によっては冗長に更新履歴が出てしまうことがあります。(良くあるケースは、チェックイン後、変更内容にミスがあった場合です。この場合は再度チェックアウト⇒チェックインしますが、更新履歴が重複して出てしまいます。)このような場合、システムエクスプローラより機能名の右にある「…」をクリック>「更新履歴の編集」ボタンより、更新履歴を手動で書き換えることもできるようになっています。

rireki

画面3.更新履歴の編集画面

冗長な行を消せる他、変更・追加もできます。変更後、再度レポート出力することで変更した内容で更新履歴が再作成されます。

lights.png更新履歴編集の影響範囲について
今回ご紹介した機能は、アウトプットであるレポートの更新履歴のみを編集する機能となります。OBDZのデータベース内部で管理されている変更履歴の情報が消えることはありません。
[RELATED_POSTS]

いかがでしたでしょうか。バージョン管理のあまり知られていない機能をご紹介しました。OBDZのバージョン管理機能はExcel/Wordでの設計書運用ではできない大きなメリットです。ぜひ使いこなして、設計管理を強化していただければと思います。

新規CTA

新規CTA
新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「設計書の書き方講座」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ITだけCAD使ってない不思議