エクセル設計書と比べての5つのメリット

 2017.05.09  株式会社システムインテグレータ

参考情報

本連載は、設計書ジェネレータ「SI Object Browser Designer(以下、OBDZ)」を使ってソフトウェアの設計書(仕様書、基本設計書、詳細設計書)を作る講座です。今回は「エクセル設計書と比べてのメリット」についてご紹介したいと思います。

OBDZにご興味があればぜひ評価版をお申込みください。以下のURLよりお申込みいただくと、製品のログインに必要なアカウントを取得いただけます。
https://www.sint.co.jp/products/obdz/trial/trial.html

エクセル設計書と比べての5つのメリット

これまでの連載を通じて、「従来の設計書作成で使っているエクセルでは解決できない課題があること」、また、具体的な機能をご紹介しながら「これらの課題はシステム化によって解決できること」をご説明してまいりました。今回はこれまでの内容を整理し、改めてエクセル設計書から乗り換えることのメリットをご説明します。大きくは以下の5点になります。

1.標準化ができる

エクセルでもテンプレートを作成の上、標準化を実施される企業も多いですが、エクセルは容易にフォoマットの書き換えができてしまうため、属人化に戻るのが実情です。OBDZはシステムになりますので、項目の属性定義やプログラムのインタフェース欄をはじめなどの書き換えはできません。(フォーマットのカスタマイズ機能もありますが、管理者のみが変更でき、ユーザーごとに変更でできないようなセキュリティ設定も可能です。)これにより強力に標準化が可能です。

2.いつ、誰が、何を変更したか把握できる(厳密な変更管理)

OBDZではバージョン管理機能が標準搭載されています。設計情報を変更した場合は自動で変更履歴が記録されるため、「いつ、誰が、何を変更したか」をいつでも把握できるようになります。 

新規CTA

3.設計項目で検索が可能になる(設計書の串刺し検索など)

例えば「受注番号という項目名を使っている画面は何か」を調べる作業は、エクセルでは難しいものになりますが、OBDZはデータベース管理しているため、全画面をまたいでの一覧検索ができるようになります。 

4.設計段階でアプリケーションのUIレビューができるようになる
(後戻りのリスクが削減)

モックアップ機能により画面レイアウト定義を作った時点でHTMLを自動生成できます。早い段階で、顧客と実物のアプリケーションイメージでレビューができますので「後戻り」のリスクが削減できます。

[RELATED_POSTS]

5.仕様変更の影響把握が素早く・正確にできるようになる(メンテナンスコストの削減)

仕様変更の際はまず影響範囲を調べることが肝要ですが、エクセルではすべてのファイルを調べるしかされるしかないと思いますが、OBDZではクロスリファレンス機能で瞬時に把握ができるようになります。

lights.png既存システムでは費用対効果が出せない?
既存システムの設計データをOBDZ化したい場合、作成済のExcel設計書を移行する必要があります。この理由により、「新規設計でないと費用対効果が出せない」というご意見もよくお伺いします。確かに、既存システムの方が移行コストが不要な分、費用対効果も大きくなりますが、OBDZには今回あげたような「標準化」「仕様変更の効率化」など、納品後の保守フェーズで活用できるメリットもあります。つまり、長期的に見れば既存システムのご利用でも費用対効果を出すことができます。
導入検討の際は初期コストだけでなく、トータルコストで費用対効果を判断いただければと思います。

いかがでしたでしょうか。詳細は各リンクで詳しくご紹介していますので興味があればご覧ください。また、その他にも「旧バージョンの設計書を最新のフォーマットで再出力できる」、プログラマや顧客にOBDZのユーザーアカウントを発行いただくことで「設計書のペーパーレス化が実現できる(OBDZ上でレビュー運用が可能になる)」などのメリットもあります。繰り返しになりますが、これらはExcelやWordを使って設計書運用では出せないメリットです。ぜひ課題を解決されたいユーザー様はOBDZを導入いただきたいと思います。

新規CTA

RECENT POST「設計書の書き方講座」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ITだけCAD使ってない不思議