様々なアプリケーション向けにカスタマイズする

 2017.05.09  株式会社システムインテグレータ

運用・テクニック

本連載は、設計書ジェネレータ「SI Object Browser Designer(以下、OBDZ)」を使ってソフトウェアの設計書(仕様書、基本設計書、詳細設計書)を作る講座です。今回は様々なアプリケーション向けにカスタマイズする方法についてご紹介したいと思います。

OBDZのカスタマイズ機能

前回はOBDZに向く案件、向かない案件のお話をしましたが、設計するアプリケーションの種類についてはクライアントサーバーシステムやWebアプリケーション、スマートデバイスなど種類を問わずに設計できるようになっています。アプリケーション独自のプロパティやイベントが既定で用意されていない場合も、カスタマイズいただくことで対応が可能です。主にカスタマイズされる場面として以下の2つがあります。
・項目のプロパティを拡張する(予備項目設定、表示項目設定)
・イベントを追加する(イベント設定)
それぞれの変更方法をご紹介します。

項目のプロパティを拡張する(予備項目設定、表示項目設定)

JavaなどのWebアプリケーションや、HTML5等を使用したハイブリッド型のスマートデバイスアプリにおいては、HTML、あるいはHTMLを拡張したタグでテキストなどの画面項目を作成し、「size」や「maxlength」などの属性でサイズや入力桁数などの詳細を設定するかたちとなります。OBDZにおいては、タグがコントロール、属性がプロパティに対応しますが、「CSS」などの属性プロパティはOBDZ側には用意されていません。しかし、このような場合も、予備項目マスタにてカスタマイズすることで対応が可能です。

システム一覧より対象のシステムを開くか、対象のシステムを表示している状態で、システムエクスプローラ左下の「システム設定」をクリックします。画面1のシステムの詳細画面が表示されますので、「マスタ」タブの「予備項目設定」ボタンをクリックします。画面2の予備項目画面が表示されます。

yobi1

画面1.システム登録画面

予備項目マスタでは、システム単位、機能(画面や帳票など)単位、コントロール単位でそれぞれオリジナルの項目を拡張することができます。今回は、項目のプロパティを拡張するため「種別」のプルダウンで「コントロール」を選択します。続けて、項目名に「CSS」と入力します。種別が「コントロール」の場合は、さらにプロパティの入力形式として「テキスト(手入力)」「チェック(ON,OFFの2択)」「リスト(任意のプルダウンリストから選択)」の3種類が選択できます。今回はテキストのままにします。この状態で「更新」ボタンをクリックします。

yobi2

新規CTA

画面2.予備項目設定

予備項目を追加した後は、表示の設定も行います。同じく「マスタ」タブ内にある「表示項目マスタ」ボタンをクリックします。表示項目マスタは画面タブやコントロールタブで表示するプロパティを設定するための画面となりますが、予備項目については、追加した直後は表示OFFの状態となっています。一番下にスクロールするとさきほど追加した「CSS」が見つかりますので、チェックボックスをONにし、更新ボタンをクリックします。

yobi3

画面3.表示項目設定

 

これで設定完了です。画面タブにてコントロールを選択すると「CSS」が追加されていますので、値を設定することができます。

yobi4

画面4.画面タブ

lights.pngチェックボックスが3つある理由
表示項目画面では「画面」「コントロール」「カスタムコントロール」の3列があり、それぞれ毎にチェックボックスがあります。それぞれ、画面タブ、コントロールタブ、カスタムコントロール画面に対応しており、各箇所で表示のON、OFFが設定できます。例えば画面タブだけにプロパティを表示したいという場合は「画面」列のチェックボックスのみONにするかたちになります。通常は、すべてONかOFFにするかたちで問題ありません。
[RELATED_POSTS]

イベントを追加する(イベント設定)

また、イベントタブで設定するイベントの種類をカスタマイズすることもできます。さきほどと同様の方法でシステムの「マスタ」タブまで移動し、「イベント設定」ボタンをクリックします。イベント設定画面ではコントロール種類毎にイベントがカスタマイズできます。今回はボタンにダブルクリックイベントを追加してみましょう。コントロールに「ボタン」を選択して、イベント物理名に「OnDblClick」イベント論理名「ダブルクリック時」と入力して作成ボタンを押します。

event1

画面5.イベント設定画面

これで、画面や帳票のイベント設計時に「ダブルクリック時(OnDblClick)」が選べるようになります。

event2

画面6.イベントタブ(イベント設計画面)

lights.pngカスタマイズ設定を他のシステムへ反映したい場合
ドメイン機能を使った場合は今回のカスタマイズ設定もテンプレート内に含まれますので、今後のシステム作成時に自動で当カスタマイズ設定を反映されます。また、システム一覧からシステムコピーを使用した場合も反映されます。基本的には、最初に一度カスタマイズいただければ今後のシステムで再度カスタマイズする必要はありません。

いかがでしたか。今回ご紹介した設定以外にも、画面の既定サイズや、データベースのデータ型など、案件ごとにカスタマイズ可能です。OBDZで設計を開始する際はあらかじめアプリケーションの種類に応じて最適な設定をいただければと思います。

新規CTA

新規CTA
新規CTA

RELATED POST関連記事


RECENT POST「OBDZをトコトン活用する」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!
ブログ購読のお申込み

RANKING人気資料ランキング

RANKING人気記事ランキング

RECENT POST 最新記事

ITだけCAD使ってない不思議