工事業様向けソリューション

工事業では、工事台帳に基づいた実行予算の登録と実績比較(原価進捗管理)を行う必要があります。

GRANDITでは、受注と紐付く工事台帳を登録し、原価費目単位の実行予算・手配管理を行い、工事案件毎の原価進捗・実績管理を行うことが可能です。また、分割売上の対応なども必須要件となります。

プロジェクト(工事)台帳

プロジェクト(工事)台帳

標準のプロジェクトマスタを機能拡張し、台帳登録を行います。
プロジェクト台帳をキーにして実行予算・見積・受注などの関連情報を一元的に管理します。

実行予算管理

実行予算管理

プロジェクト(工事)における材料費・外部委託費・労務費・社内発注費(他事業部への手配)等を登録し、プロジェクト全体の実行予算管理を行います。

実行予算を電子承認ワークフローにて決裁を行います。

台帳からの手配処理

台帳からの手配処理

実行予算で登録された予算明細に対して、明細毎に手配登録が可能です。
プロジェクト台帳から発注(材料・外部委託)や社内手配等の手配処理が行えます。

分割売上対応

分割売上対応

工期が長いプロジェクトに対して分割検収を可能とし、出来高での売上計上が可能です。

未受注時の失注原価を経費計上

未受注時の失注原価を経費計上

受注前に発生する原価(経費)を管理し、失注した場合に「失注処理」を行うことで、発生原価を経費振替します。

プロジェクト台帳画面にて「失注」処理を行うと、プロジェクト原価が自動振替されます。

プロスペクト(見込み)管理

プロスペクト(見込み)管理

引合時にプロスペクト(見込み)情報を登録し、プロスペクトの商談ステータスの管理を行います。
またプロジェクト(他事業部への手配)を登録し、実行予算管理が可能です。

建設・工事業向けアドオン・テンプレート一覧

失敗から学ぶERP導入プロジェクトの進め方